こんにちは、

募集期間は、いよいよ残り一週間。
来週の月曜、31日の23時までに目標額に到達しないと、一切の決済は行われず、108人の方からの応援に応えることができなくなってしまいます。
最後まで、諦めずにがんばります。

今日、4回目のカウントダウン新着情報は、日本語学校で子どもたちを教えている、キム先生のことを書かせていただきます。

前回もご紹介した、Kumae紹介動画から、キム先生のインタビューをご覧いただけます。下記のカウントダウン画像をタップ/クリックしてみてください。


2013年8月に、日本語学校を始めたとき、カンボジア人で日本語教師をされているキム・チャン先生を雇い、以来、Kumaeで子どもたちを教えてもらっています。

 

自身、苦労して勉強し、日本語教師とななったキム先生。
その後、カンボジアでの観光ガイドになるための4か月間に及ぶ過程を、108人中5番(!)というとても優秀な成績で卒業、ガイドの資格も取得しています。

2014年には、今回とおなじ、Readyforのクラウドファンディングプロジェクトを実施、多くの方の支援で、生徒2名とともに、日本への研修渡航も叶いました。そして、今も引き続きKumaeの日本語学校の教師として、雨の日も風の日も、授業を続けてくれています。


Kumaeの日本語学校の生徒たちにとっては、キム先生は、単に”日本語の先生”というだけでなく、”自分で将来を選択し、努力してそれを叶えた人”。


動画の中でご覧いただいた通り、なお「こどもたちに信頼される先生になりたい」と抱負を語るキム先生。これからもよろしくおねがいします!

 

キム先生の給与や日本語学校生徒の学習費用を、兵庫県立大学を中心に関西で活動する国際ボランティア団体「学生団体Kumae」が支援をしてくれています。街頭募金や各種インベントでのチャリティ販売などで得た収益と、毎年夏のスタディーツアー訪問でKumaeを支えてくれている彼らの活動は、
ツイッターでご覧ください。
学生団体Kumae

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

山勢拓弥
Team Kumae