夏休み最初の保養、第61次保養が先日無事に終了しました!

保護者付き添いなしの小中学生の子どものみ49名、9日間の保養でした!

 

久米島を離れる保養最終日をちょっと覗いてみましょう…、

パッキングをして荷物をまとめた後、担当班のボランティアさんから手紙をもらったみんな、大号泣・・・。

 

そのあと久米島空港を飛び立つ前に記念撮影。はい、シーサー。

 

さて、みんなお別れの日、号泣していましたが、一体どんなふうに過ごした保養だったのでしょうか?はるばる福島から久米島に到着した初日から、今回の保養のハイライトを見ていきましょう。

保養1日目!久米島の天気は快晴。
早朝、福島県を出発したみんなは不安と期待を胸に久米島に到着しました。わくわく!

 

保養2日目。
朝から天気の良い最高の一日が始まりました。

午前はガイダンス。球美の里がどんなところなのかな?どこになにがあるのかな?みんなが楽しく過ごせるように説明を聞きながら、施設の中をぐるぐる探検したり、お掃除の仕方や洗濯の仕方も学びました。

午後は、アイスブレイキング。ピラミッドと呼ばれている室内の遊び場でたくさんのお友だちと仲良くなれるゲームをしました!!ゲームが終わる頃にはみんな仲良し!盛り上がってる!

 

自由時間!こちらは虫取り!

 

保養3日目。
午前は甲状線検診をしました。
検診が終わった子は「ピラミッド行ってくる!」とか「カートで遊ぶ!」と言って、一目散に遊びに行っていました!

 

午後は磯の生き物観察をしに、「畳石」へ。車で移動しているときから、近くなる海に子どもたちはテンションが上がっていきます!!!貝類や海の生き物に詳しい小川さんに海の生き物のお話を聞いた後は浅瀬のコバルトブルー色に広がったとてもきれいな海で、綺麗な貝殻を探したり、小さな生き物を見つけて、直接手にとって触ってみたり、ちょっと海にもぐってみたり、初めての沖縄の海に子どもたちは大はしゃぎでした!!
みんな夜ご飯をしっかり食べて消灯の時間にはぐっすり、、、zzZ

 

保養4日目。

午前はイーフビーチへ!!天気もよくておもいっきり泳ぎました!!みんなもぐったり、少し遠くまで泳いでみたり、海に沈むさんご礁を拾ったり、綺麗な貝殻を拾ったり、それぞれに楽しんでいました!!

午後はシーサー作り。それぞれにシーサーに色をつけたり、オリジナルのシーサーを作ったり、みんな黙々と作業に取り組んでいました^^どんなシーサーができあがるのか楽しみですね~♪

夕食後は特別プログラム。久米島にある手話サークル、「くめしゅわ」さんがワークショップをしてくださいました。言葉を使わずに物事を伝える難しさを知るジェスチャーゲームをしたり、歌の歌詞に合わせてみんなで手話で歌いました♪20時にはみんなすやすや~^^

 

 

保養5日目。

午前は、室内プログラム。今回の61次保養に子どもたちが参加できたのは、「ドルトムント独日協会」からのご支援を頂いたおかげでした。みんなでドイツの方々へお礼のお手紙を書きました。ドイツ語で「ありがとう」“ダンケシェーン”を教えてもらい、お手紙に書くお友達がたくさんいました!!テーブルで黙々と一生懸命に取り組んでいましたね^^みんなの気持ちをこめて書いたお礼のお手紙が無事ドイツの皆さんの元に届きますよう。

 

午後は、今回のメインイベントとも言える海のプログラム!!
ハテの浜へ。お昼を食べる頃から子どもたちのテンションはマックス!!
船で水上を走っている時から、子どもたち全員が、きれいな海に大感動でした^^ハテの浜に着いたらすぐに記念写真をパシャリ☆しっかり準備運動をしていざ海へ!!初めて海に入る子も大喜びで誰一人怪我することなく楽しむことができました★泳ぎの得意なお友達は、ロープを張っているスタッフさんがいる
足のつかないところまで楽しそうな顔で泳いでいました。
海岸でとても綺麗な貝殻や、さんご礁のかけらを拾って喜ぶお友達もいましたね^^帰りの船では、楽しく遊んで疲れちゃったのかな?寝ちゃったお友達もいましたね^^

 

 

 

保養6日目。
午前は、貝殻細工と泥染めをしました。球美の里はこうした芸術・物作りプログラムも充実しています。貝殻細工は、この三日間海で拾ってきた貝殻で、さんごの風鈴やシーサーのオブジェ、アクセサリーを作って楽しみました!!アクセサリーを作ったお友だちは早速身に着けていましたね^^♪

 

泥染めは、自分の球美の里Tシャツを、球美の里の赤土を使って、楽しく泥んこになりながら泥染めをしました!!自分で考えて輪ゴムを使って、染物をデザインしました!乾いて、着て帰るのが楽しみ~♪

 

午後は、ママカフェ!!おやつの時間に、図書館と併設している景色の素晴らしいカフェスペースで、沖縄のお菓子“サーターアンダギー”を食べながら「ゆんたく」しました!!

夕食後は、久米島にある民謡グループ“なんくるさんしん”さんの演奏ライブ!!みんなと同い年の沖縄のお友だちが上手に演奏する姿にみんな圧巻!!みんなも知っている“涙そうそう”や“海の声”、沖縄民謡を歌ってくれました!!沖縄の楽器“三板”をみんなで音楽に合わせて鳴らしたり、三線を触らせてもらったり、エイサー踊りのときに使う太鼓で踊ったり、カチャーシーを踊ってとても楽しい時間を過ごしましたね^^

 

保養7日目。
午前は、慰霊碑訪問とお土産を買いに空港へ行きました。DVDの上映とお沖縄の歴史、球美の里が久米島にある意味の勉強をしてから慰霊碑へ向かいました。現地でもお話を真剣に聞き、みんなでちゃんと手を合わせていました。

そしてお土産を買いに。空港にはたくさんのお土産が売っています!!「何を買おうかな~」「あれもいいな~」「これもいいな~♪」と各々に家族やお友だち、自分へのお土産を楽しそうにお買い物していたね!!帰ってからお土産を渡すのが楽しみですね☆

 

 

午後は、儀間地区で行われる角力という沖縄の相撲の大会に!!
男女合計13人のお友だちが参加しました。
島の子どもだちに負けないくらいの勢いで取り組み、3回戦までいったお友だちもいました!参加していないお友だちも精一杯応援し、とても盛り上がりました☆子どもたちにとってはとても良い経験になったと思います。

 

この日、61次保養のお友だちの中にお誕生日の子がいました!!
同じ班のボランティアさんとお友だちが手作りメッセージカードを用意し、みんなでハッピーバースデーの歌を歌って、プレゼントを渡しました!!おめでとう!

 

保養8日目。

午前は、パッキングをしました。小さいお友だちは、ボランティアの方にお手伝いしてもらいながら、大きいお友だちは各々に、、、!!みんな上手に箱に詰められたかな??お昼ご飯は、待ちに待ったBBQでした!
スタッフが暑い中焼いたお肉や焼きそば、キッチンさんがたくさん用意してくれた美味しい焼き野菜、鶏肉、沖縄産の車えび!!スティック野菜まで!!
とっても豪華なお昼ご飯でしたね。

 

そのあとお別れ会。司会も、高学年のお兄さんが、がんばってやってくれました。得意なピアノや縄跳び、フラダンスなど披露をしてくれたお友だち。
そして、全国2位の成績を残したバレエが得意なお友だちの発表にみんなとても感動をしていました。
最後に61次のボランティアさんから一言ずつ。
目に涙を浮かべるお友だちやボランティアさんもいて、とても思い出の残る時間をみんなで過ごすことができました。

 

 

とても楽しい9日間の夏休み保養になったようでした。久米島の方々やボランティアさん温かく見守られ、心にも何か特別なものが残ったことでしょう。みんなまた来てね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ