READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

70年の時を越えて、幻の国産車「くろがね四起」復元計画始動!

小林雅彦(NPO法人「防衛技術博物館を創る会」代表)

小林雅彦(NPO法人「防衛技術博物館を創る会」代表)

70年の時を越えて、幻の国産車「くろがね四起」復元計画始動!

支援総額

13,241,000

目標金額 10,000,000円

支援者
765人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
51お気に入り登録51人がお気に入りしています

51お気に入り登録51人がお気に入りしています
2014年07月18日 16:36

オリジナルTシャツ完成!

お待たせ致しました!オリジナルTシャツが完成致しました(^o^)丿

現在サイズ別に袋詰め、ラベル貼りを進めておりますが、750名以上のご支援者に順次発送して参りますので、見到着のご支援者におかれましては、今しばらくお待ち下さい。

 

7月中には全ての方に届くよう、発送手配進めております。

 

Tシャツの発送が終わりましたら、順次記念プレートの手配に入りますのでよろしくお願い致します。

 

おかげさまで、「くろがね四起」は7月上旬より本核的に分解作業が進んでおります。

作業開始にあたり、手順を最終確認する永遠ボディーさまスタッフさん。

いよいよ五十数年の眠りから目覚めるため、気の長くなるような作業が始まるのです!

 

順番に部品を外しながら、各所を点検して行きます。

フレームやエンジン本体や駆動系は、ボディーに比べて状態は良いようです。

クランクシャフトを回すと、抵抗無く軽く回りました!(^^)!

 

エンジン本体は、8月中旬以降に車体から下ろして御殿場の株式会社カマドに持ち込み予定です。その後、車体のレストアと平行して分解、修理、組み立て作業と進める予定となりました。

 

実際に見えない作業としては、ロシアの「くろがね四起」初期型オーナーのL氏から、レストアに必要な情報や写真を順次遣り取りしております。

 

あわせて当時、実際に「くろがね四起」に携わった方からの聞き取り調査も進めております。

 

それらの情報から、推測や想像で進めざるを得ないと思っていた部分が判明した部分もあります。出来るだけ情報公開に努めて参りますが、NPO事務局も少数のボランティアで運営してる関係上、お問い合わせに対応していると、どんどん実作業が遅れてしまいます。

 

ご迷惑をお掛け致しますが、お電話のお問い合わせはご遠慮頂くとともに、メールでのお問い合わせにつきましても、緊急度の高いモノから順次お返事して参りますのでご理解の上、皆様のご理解とご協力をお願い致します。

 

実行者:小林 雅彦

一覧に戻る

リターン

3,000

■タミヤのパッケージイラストなどを手掛ける、佐藤元信さんのイラスト入りポストカードお礼メッセージ郵送。

支援者
105人
在庫数
制限なし

10,000

3,000円の引換券に加えて、
■支援者全員のお名前を入れたプレートを製作し、車両展示に併設致します。
■静岡県御殿場市で開催される、2年後の完成披露の特別内見会にご招待致します。
■佐藤元信さんのイラスト入りオリジナルTシャツをプレゼント。

支援者
573人
在庫数
7

30,000

10,000円の引換券に加えて、
■完成後に、助手席に乗り記念写真撮影。

支援者
79人
在庫数
17

100,000

30,000円の引換券に加えて、
■助手席に乗ってお披露目会場内を一周体験搭乗。

支援者
23人
在庫数
6

300,000

100,000円の引換券に加えて、
■佐藤元信さん描き下ろし「くろがね四起」内部透視イラストの記念プレートをプレゼント。

支援者
7人
在庫数
3

プロジェクトの相談をする