プロジェクト概要

被災地東北の学生を京都に招待し震災や防災に関するワークショップ、京都の文化に触れてもらいたい!

 

すまプロに所属する西田侑生と申します!この団体は2012年11月に発足し、学生が中心となって「ひとも、まちも、えがお。」をコンセプトに活動しています。私は東日本大震災の被災地ボランティアに参加した経験から「1回のボランティアで出来ることは小さく、積み重ねていくことが必要だ」と感じ、何らかの形で継続して被災地に関わりたいと思うようになりました。

 

特に私は関西に住んでいるので「関西でもできる支援」を中心に関わり方を考えていました。そこで今回、東北と京都をつなぎ、震災、防災について考える「京都゛愛(きょうどあい)」というツアーを企画しました!

 

東北の学生を京都に招待し、京都の文化にふれてもらうと

ともに、防災に関するワークショップを開催します。学生を招待し、

ワークショップを開催するための費用をご支援頂けないでしょうか。

 

(やりたいをカタチに。メンバー全員、笑顔で満ち溢れています!)

 

このプロジェクトを考えたきっかけ


私は東日本大震災の被災地ボランティアに参加した経験から、「1回のボランティアで出来ることは限られているため、継続することが大切だ」と感じ、継続して被災地の復興、支援に関わりたいと思うようになりました。その関わり方はたくさんあると思います。特に私は関西に住んでいるので「関西でもできる支援」を中心に関わり方を考えていました。

 

(更地になった被災地)

 

また、関西圏で震災についてメディアで取り上げられることが減ってきているなど震災について意識が低くなっているという危機感からより関西に焦点を当てた復興活動をしたいと考え、このプロジェクトを立案しました。

 

日本を襲った、東日本大震災。当たり前にある日常が消えた

東北。京都に住む私たちができること、それは東北と京都を結び、

繋がりを作り支え合うことだと思います。

 

そう考えた私たちは東北の方々を京都に招待し、京都のまちを観光したり、伝統文化に触れてもらい、京都をもっと好きになって欲しい。心から「えがお」になってもらいたい。また、ワークショップで震災や防災についてしっかり考え、知識をつけてほしい。そして繋がりをつくり、また京都に帰ってきてもらえるような2日間を過ごしてもらいたいと思い、企画をしています。

 

3点のコンテンツを現在計画中です。

①関西の学生が京都をご案内!
関西の学生によるガイド付きの京都観光・文化体験を行います。この観光を通して京都のことが好きになってもらえればと思います!


②東北と関西の絆をつくる

東北の学生と関西の学生との交流会(レクリエーション)を行います。
例えば、防災に絡めたクイズや東北と関西の方言や食べ物のクイズなど・・・
楽しめ、笑顔があふれる企画を考えています!


③震災、防災について改めて考える震災ワークショップ
このコンテンツでは東北の参加者に東日本大震災での実体験を話してもらい、東北、関西の参加者共に震災について考えるワークショップを行います。また、私たちが被災地にむけて出来ること、いつ起こるかわからない災害に対して備えるべきことなど、復興・防災と絡めた内容にしようと企画しています!

 

また、去年の12月にも「京都゛愛(きょうどあい)~修学旅行、ふたたび~」としてツアーを開催しました!東日本大震災についての勉強会では 皆さん、真剣な顔で話し合い、震災ついて改めて考えるきっかけになったと思います。また、京都観光では思いっきり楽しんで頂き、たくさんのえがおが生まれました!

 

(昨年の京都゛愛(きょうどあい)の集合写真)

 

(京都新聞にも掲載していただきました!)

 

このプロジェクトがより多くの人に知ってもらうことで、被災地

支援はもちろん震災に対しての意識が薄くなってしまった関西圏の

人々にも考えるきっかけを作るとこができると思います。

 

今回のプロジェクトでは、

①交通費(往復夜行バス)  500,000円
②宿泊費(参加者40名)  336,000円
③座禅体験(京都の学生も) 36,000円
④ドライバー宿泊費(2名)  15,750円
合計 887,750円の全支出の部分補てんとして使用させて頂きます。


いつ起こるかわからない災害に備えて防災知識を身につけることもこのツアーの目的です。もちろん参加した東北、関西の方々は京都観光や文化体験など思いっきり楽しめるところは楽しみ、震災ワークショップでは震災や防災について考え、今後に活かせる充実した2日間を過ごしていただけるように企画をしています!ただ、残念ながら資金が不足しており、皆様からの支援でこのプロジェクトが実施できるよう、ご支援頂けないでしょうか。どうぞよろしくお願いします!
 

引換券について

 

1.代表からのお礼メール

 

2.京都すまいるプロジェクトオリジナル缶バッチ

 

 

3.京都名物つぶあん入り生八つ橋

 

 

4.まつひろ商店の丸型がまぐち小銭入れ

 

 

5.参加者に配布する冊子にスペシャルサンクスとして、お名前(もしくはニックネーム)をご掲載してご紹介


最新の新着情報