READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

視覚障碍者も触って楽しめる美術展を開催したい!

瀬尾 真司

瀬尾 真司

視覚障碍者も触って楽しめる美術展を開催したい!

支援総額

535,000

目標金額 500,000円

支援者
65人
募集終了日
2014年5月7日
プロジェクトは成立しました!
2お気に入り登録2人がお気に入りしています

2お気に入り登録2人がお気に入りしています
2014年03月22日 20:30

ミーティングを行いました。

みなさんこんにちは。

京都ユニバーサルミュージアム実行委員の瀬尾です。

昨日21日に実行委員会のミーティングを行いました。

打合せ内容は、展示期間中に使用するアンケートの内容検討や

ダイレクトメールの配布先の決定などです。

ダイレクトメールは1000枚作成しました。

これからメンバーで手分けして、知り合いはもちろんのこと、

博物館や美術館、盲学校などにも置いてもらう予定です!

 

ダイレクトメール

出来たてのダイレクトメールです。まだビニールかぶってます^^

 

アンケートの方は、我々が目指す視覚障碍者の人たちに伝わる展示に対する意見をもらうことが目的です。

その意見を元に、次回の展示をより充実したものにしていきます。

それを繰り返し、理想の展示に近づいて行きたいと考えています。

なので、みんな真剣に話し合っていました。

内容はすべて決まりませんでしたので、つぎのミーティングまでに各自詰めておくと言うことになりました。

打合せ風景1

パソコン画面でアンケート内容を確認中です。

 

あと、展示品も出来てきました。

今回の展示テーマは「疱瘡絵」です。

これは江戸時代に使われた浮世絵の一つです。

浮世絵なので版木があり、それを触ってもらうことで絵の雰囲気を伝えられないかと考え、現在製作中です。

版木

版木を触って確認中

 

また、このミーティングの前にみんなで向かった場所があります。

京都にある東寺というお寺で毎月開かれるノミの市である、通称「弘法さん」。

展示場の一角に江戸時代の疱瘡絵が飾られていた風景を再現しようと言うことになり、その小道具を物色に^^。

今回はあまりいい物は有りませんでしたが、こういう市があるのも京都ならではですね。

弘法さんで物色中

 

今回の報告は以上です。

また、近況報告を致しますので、お楽しみに^^

そして、みなさまご支援のほどをよろしくお願い致します。

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

お礼状

支援者
48人
在庫数
制限なし

10,000

alt

3,000円の引換券に加え、
・和紙で作ったしおり(シンボルマーク入り)×3枚
・和紙で作ったハガキ(シンボルマーク入り)×3枚
・裏具のまめも
・堂本印象が描いたクリアファイル

支援者
17人
在庫数
制限なし

30,000

alt

10,000円の引換券に加え、
・報告書
・よーじやのやさしい熟成せっけん
・竹笹堂の3色のブックカバー

支援者
1人
在庫数
制限なし

50,000

alt

30,000円に加え、
・Lisnのお香セット

支援者
1人
在庫数
制限なし

100,000

alt

50,000円に加え、
・疱瘡絵のモチーフに使われた人形

支援者
1人
在庫数
2

プロジェクトの相談をする