どうも、RE-PRESENTERS企画・構成部の龍薗です!

RE-PRESENTERSの学部紹介もあと4学部を残すのみとなりました。ちょっぴりさみしいですね。イベント当日まであと少し、しっかり準備していきます!

さて、9回目のプレゼンター・ブース担当学生の紹介は、「農学部」です!

 

農学部と聞くと、「将来農家になるの?」という質問をする方もいるかもしれません。
しかし、農家になることが農学部の使命ではないのです!

九大農学部のホームページには「21世紀に予測される地球規模での食料問題と環境問題を克服し、食料・生活資材の安定供給、生物生存環境の保全、人類の健康と福祉に貢献することは、農学に課せられた使命である(九州大学農学部HPより)」と書かれており、農学、農業土木・工学、農業経済学、微生物学、森林科学、動物科学などの側面から食料問題や環境問題といった幅広い問題を解決するための勉強をしています。

今回は、農学部で4年間学び、現在は農学府生命機能学科専攻食料化学工学教育コースに所属する木村太喜さんにお話をしてもらいます!

 

プレゼンター
名前: 木村太喜(きむらたいき)
所属・学年: 農学府生命機能学科専攻食料化学工学教育コース 修士1
出身高校(出身): 伝習館高校(福岡県)

木村さんといえば、「レタスの人」!!
研究分野が「冷凍可能なレタス」ということで、私の中でのイメージは「レタスの人」です()。皆さんもイベント当日に木村さんに会ったら、「レタスの人」と声をかけてみてください!本当に冷凍可能なレタスができたら、木村さんのおかげですね!自身の研究内容についても当日熱く語ってくれます!
また、木村さんは「食と農をもっと身近に」をモットーとして活動しているAPiQ!!というサークルに所属しています。実はAPiQ!!と九瑛舎はコラボイベントをしたことがあるんです。そのときから大変お世話になっている優しい先輩です。サークルでどんな活動をしているのかは当日ブースで質問してみてください!

 

木村さんから中高生にメッセージ
冷凍可能な遺伝子組み換えレタスの作出に関する研究をしています。植物の環境に応じた多彩な生存戦略に触れながら、遺伝子組み換え技術の魅力や未知の生命現象を解き明かす面白さについて、わかりやすくお話します!

 

そのほか、当日のブースセッションには、農学部で学ぶ3人、
「アニマルサイエンス分野」で学ぶ鳥居恭平さん
「生物生産システム工学分野」
で学ぶ本田史歩さん
「農学分野」
で学ぶ井上未希さん
も呼んでいます!ぜひたくさん質問してみてください!

 

明日は法学部の紹介を行います!
法学部ってみんな弁護士を目指すの?法学部の実態をご紹介します!
ぜひ明日の紹介も楽しみにしていてください!

(文責 龍薗一樹 髙橋実希)

新着情報一覧へ