READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

医学部入試における女性差別を認めない。弁護団活動にご支援を。

医学部入試における女性差別対策弁護団

医学部入試における女性差別対策弁護団

医学部入試における女性差別を認めない。弁護団活動にご支援を。
支援総額
7,400,000

目標 2,500,000円

支援者
416人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
28お気に入り登録28人がお気に入りしています

28お気に入り登録28人がお気に入りしています
2018年11月03日 10:39

女性医師の割合に関する国際比較

本プロジェクトに関心を寄せて頂きありがとうございます。

 

あと少しでセカンドゴールの達成が近づいています。

 

多くのコメントも弁護団のみならず当事者である元・受験生の励ましや希望に繋がっています。

 

ところで、内閣府男女共同参画局のサイトに「女性医師の割合に関する国際比較」が公表されていました。

 

http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h30/zentai/html/zuhyo/zuhyo01-00-58.html

 

これによると女性医師の占める割合を国際的に比較すると日本は約2割ほど。アメリカは約3割、ヨーロッパ諸国は概ね4割~5割、フィンランドは6割近くに上ります。

 

日本の現状・・・なんだかとても残念な結果ですね。

 

女性医師は医療現場の過酷な労働環境に耐えることが出来ない、出産・育児を理由に退職するので男性医師(受験生)を優遇することはやむを得ない、という意見もあるようです。

 

しかしそうした意見は世界共通というわけではないようですね。OECD諸国の女性医師の割合は、平均約4割程度。日本は大きく下回ります。女性にとって過酷な労働環境は、男性にとっても過酷です。

 

女性医師の割合が低いこと、医科大学の性差別的な入試の背景も含め、原因の解明そして積極的・実効的な改善策を文部科学省や大学、医療関係の皆様に期待したいです。

 

厚生労働省は2016年8月から2017年1月にかけて「女性医師のさらなる活躍を応援する懇談会」を実施し報告書を公表しています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000071857.html

 

報告書は「勤務環境の改善に対する認識として、A「医師には、特別の使命がある のだから厳しい勤務環境にあるのはやむを得ない」、B「医師不足という現状にお いても、勤務環境は工夫次第で改善しうるし、改善すべき」のいずれが近いか質 問したところ、「Bに近い」と回答した医師の割合は、60歳代では16.2%で あったが、年代が若くなるに従ってその割合は増え、20歳代で38.2%であ った。 また、女性医師を含めた一般の者を対象にして「仕事」「家庭生活」等の優先度 について質問したところ、年代が若くなるに従って「『仕事』を優先したい」の割 合は減り、「『仕事』と『家庭生活』をともに優先したい」の割合は増えていた。」ことを明らかにしています。

 

組織の運営決定権を握る管理職層の男性優位の意識改革も大きな課題となりそうです。

 

弁護団としても要望書の提出や多くの皆様が参加できるイベント・シンポジウムを通じて「無意識の性差別」が解消されるよう働きかけをして行きます。

 

男性にとっても、女性にとっても、患者にとっても、医師にとっても、快適な医療現場作りは「よい医療サービス」に結びつくのかも知れません。

一覧に戻る

リターン

5,000

5,000円コース

■活動の応援に感謝を込めて。弁護団よりお礼のメール
■弁護団による活動報告メール
■(希望者のみ)弁護団Facebookサイトへのお名前掲載

支援者
264人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

10,000

10,000円コース

■活動の応援に感謝を込めて。弁護団よりお礼のメール
■弁護団による活動報告メール
■(希望者のみ)弁護団Facebookサイトへのお名前掲載

支援者
127人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

30,000

30,000円コース

■活動の応援に感謝を込めて。弁護団よりお礼のメール
■弁護団による活動報告メール
■(希望者のみ)弁護団Facebookサイトへのお名前掲載

支援者
13人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

50,000

50,000円コース

■活動の応援に感謝を込めて。弁護団よりお礼のメール
■弁護団による活動報告メール
■(希望者のみ)弁護団Facebookサイトへのお名前掲載

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

100,000

100,000円コース

■活動の応援に感謝を込めて。弁護団よりお礼のメール
■弁護団による活動報告メール
■(希望者のみ)弁護団Facebookサイトへのお名前掲載

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

300,000

300,000円コース

■活動の応援に感謝を込めて。弁護団よりお礼のメール
■弁護団による活動報告メール
■(希望者のみ)弁護団Facebookサイトへのお名前掲載

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

500,000

500,000円コース

■活動の応援に感謝を込めて。弁護団よりお礼のメール
■弁護団による活動報告メール
■(希望者のみ)弁護団Facebookサイトへのお名前掲載

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

1,000,000

1,000,000円コース

■活動の応援に感謝を込めて。弁護団よりお礼のメール
■弁護団による活動報告メール
■(希望者のみ)弁護団Facebookサイトへのお名前掲載

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年6月

プロジェクトの相談をする