READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

報道が少ないリニア計画の真実を伝えるため取材費用を募ります。

報道が少ないリニア計画の真実を伝えるため取材費用を募ります。

支援総額

1,352,000

目標金額 700,000円

支援者
133人
募集終了日
2019年6月14日
プロジェクトは成立しました!
9お気に入り登録9人がお気に入りしています

終了報告を読む


9お気に入り登録9人がお気に入りしています
2019年06月14日 11:23

本日23時に終了です。JR東海を訴えた自治体。

 早いもので、4月22日に始めたこのクラウド・ファンディングも本日の23時に終了することとなりました。昨日から今日にかけてもまだ少しずつご支援が寄せられていることに深く感謝いたします。

 さて、昨日、リニアのもう一つの裁判を紹介しましたが、リニアではないですが、JR東海が訴えられた裁判のことを書いてみます。
 それも住民から訴えられたのではなく、自治体に訴えられたという裁判です。

 2014年11月14日、大阪府の摂津市がJR東海を相手取り裁判を起こしました。

 
 摂津市の鳥飼地区にはJR東海の新幹線の車両基地があります。
 1964年の新幹線開業後から、旧国鉄は基地内に井戸を掘り、その水を車両内に提供していました。その量、1日に2000トンから2500トン。すると、周辺地区で最大約50センチもの地盤沈下が起こり、家が傾くなどの被害が発生。これを機に、摂津市は、旧国鉄との間に「環境保全協定」を締結し「地下水のくみ上げを行わない」ことを実現しました。

 それ以後、国鉄は1カ月約2000万円の水道代を支払ってきました。
 ところが、国鉄のあとに東海道新幹線の運営に当たったJR東海は、この基地で2014年頃から再び井戸の調査と掘削を開始。
「協定違反」に驚いた摂津市が調べたところ、鳥飼車両基地は、その面積の97%は摂津市ですが、残る3%は隣接する茨木市に属します。その茨木市側でJR東海は掘削を始めようとしたのです。

 

 赤い斜線部分が車両基地。オレンジ色の茨木市の土地がわずかに食い込んでいる土地でJR東海は井戸を掘った。

 

 この抜け穴的なやり方に摂津市は憤ります。
 別の自治体であっても、地下水は地下でつながっているのだから、「再び地盤沈下が起こるから、地下水使用をやめるように」と摂津市が何度JR東海に要請しても、JR東海は中止どころか着工に至り、やむなく提訴に至った・・というのが大雑把な経緯です。

 この一連の経過の中で摂津市の担当職員を驚かせたことがありました。
 それは摂津市長がじきじきに「では、私が直接JR東海と話をする」と決め、職員がJR東海に「当市の市長が御社と面談を望んでいる。日程調整をお願いしたい」と連絡すると、後日、JR東海からはこういう回答がありましたーー「面談はできません。なぜなら、当社には面談というシステムがないからです

 職員は「どんな大企業だって、一自治体のトップが会いたいと言えば会うものです。こんな拒否をされたのはJR東海さんだけです」と今でも信じられない出来事として覚えています。

 その後の詳しい経緯は省略しますが、「地下水くみ上げの差し止め」を求めた裁判は、「地下水の保全及び地域環境を損ねる具体的危険性はない」として、摂津市の敗訴となります。

 果たして再び地盤沈下が起きるのかを注視しますが、注目したいのは、市とJR東海との住民への目線の違いです。

 摂津市は住民の生活を守ろうとして提訴した。
 だが、JR東海は住民の生活よりも井戸水くみ上げにこだわった。

 

●リニアのため?
 摂津市職員はこう推測します。

「水道代を払うよりも、井戸水を電気でくみ上げたほうが経費が半分で済みます。私は、JR東海がここまで経費節減にこだわるのは、一つには、リニア建設のためではないかと見ています」

 そうであるのかの断言はここではできませんが、摂津市の闘いから教えられるのは、東海道新幹線という日本の大動脈にからむ案件であっても、市は「住民を守る」方を優先したということです。

 今、リニア計画でそれをやっている市町村はあるのだろうか? 敢えて言えば、リニア着工にゴーサインを出していない静岡県くらいではと。静岡県も県の水源である大井川が1秒に2トン(それ以上?)も源流するかもしれないので、必死にならざるを得ないのです。
 静岡県だけではなく、住民のために毅然と対峙する自治体の声も今後拾っていきたいです。

一覧に戻る

リターン

3,000

リニア計画取材の活動報告

■お礼のメール
■リニア取材の活動報告

※活動報告は2019年7月〜12月までの最低でも月に1回をメールでご報告いたします。

支援者
23人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年7月

5,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

リニア計画取材の活動報告+2020年出版予定の著書

■お礼のメール
■リニア取材の活動報告
■当プロジェクトの取材を元にした、出版予定の著書

※活動報告は2019年7月〜12月までの最低でも月に1度メールでご報告いたします。
※新たに出版する著書のみ2020年5月に送付予定です。

支援者
48人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年7月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【活動報告+著書】リニア計画取材をサポート

■お礼のメール
■リニア取材の活動報告
■当プロジェクトの取材を元にした、出版予定の著書
■著書「リニア新幹線が不可能な7つの理由」(岩波ブックレット)

※活動報告は2019年7月〜12月までの最低でも月に1度メールでご報告いたします。
※新たに出版する著書のみ2020年5月に送付予定です。

支援者
23人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年7月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【リターン不要の方向け】樫田秀樹を全力サポート

■お礼のメール
※このコースは、リターン費用がかからない分、いただいたご支援金はサービス手数料を除いたすべてを活動内容に充当させていただきます。(寄付控除の対象にはなりません。)

支援者
23人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年7月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【活動報告+著書+藍染製品】リニア計画取材をサポート

■お礼のメール
■リニア取材の活動報告
■著書「リニア新幹線が不可能な7つの理由」(岩波ブックレット)
■当プロジェクトの取材を元にした、出版予定の著書
■リニア実験線の近くに工房をもつ、佐藤文子さんの藍染製品

※活動報告は2019年7月〜12月までの最低でも月に1度メールでご報告いたします。
※新たに出版する著書のみ2020年5月に送付予定です。

支援者
16人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年7月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【リターン不要の方向け】樫田秀樹を全力サポート

■お礼のメール
※このコースは、リターン費用がかからない分、いただいたご支援金はサービス手数料を除いたすべてを活動内容に充当させていただきます。(寄付控除の対象にはなりません。)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年7月

50,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

樫田秀樹による出張講演

■お礼のメール
■リニア取材の活動報告
■当プロジェクトの取材を元にした、出版予定の著書
■リニア実験線の近くに工房をもつ、佐藤文子さんの藍染製品
■出張講演

※活動報告は2019年7月〜12月までの最低でも月に1度メールでご報告いたします。
※新たに出版する著書のみ2020年5月に送付予定です。
※講演時間は2時間とさせていただきます。交通費は別途ご負担ください。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年7月

50,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

【リターン不要の方向け】樫田秀樹を全力サポート

■お礼のメール
※このコースは、リターン費用がかからない分、いただいたご支援金はサービス手数料を除いたすべてを活動内容に充当させていただきます。(寄付控除の対象にはなりません。)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2019年7月

プロジェクトの相談をする