耳・信号・神戸

こんにちは、

タイムリミットまで残り10日となりました。

最期まで頑張ります。

 

さて、今回もスワヒリ語の紹介をしたいと思います。

タイトルにある日本語、、これタンザニア人にはこう聞こえます。

 

「私」「首」「亀」

 

日本語の発音のまんまでもタンザニア人に通じるスワヒリ語です。

面白くないですか?スワヒリ語も日本語と同じように全ての音に母音が付くので日本人にとって発音しやすいし、似た単語もあるんです。

 

スワヒリ語と日本語で似た発音の単語が他にもいくつかあります。

たとえば、

 

「もし」「しかも」「鎌」「もじゃもじゃ」

 

 

これタンザニア人が聞くと、

 

「煙」「目上の人への挨拶」「もし・~のよう」「ひとつずつ」

 

スワヒリ語で「煙」のことをMoshiと言います。

「目上の人への挨拶」はShikamooです。

Kamaはいくつか意味がある単語で、英語でいう「If」や「Like」にあたります。

スワヒリ語でMojaは「1」という意味です。なのでそれを繰り返すことで「ひとつずつ」や「一個一個」という意味になるのです。これも日本語と似てますよね。

 

 

 

今回は以上です。

スワヒリ語楽しくないですか??

毎日覚えられそうな単語を少しずつ頭の片隅にでも入れておけばいつか話せるようにもなります。僕もそうでした。

コツは無理しないこと楽しくひとつずつ覚えられればいいんです。「Mojamoja」です。

 

ありがとうございました!

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています