READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録

障がい者が、モータースポーツに参加するきっかけづくりをしたい

障がい者が、モータースポーツに参加するきっかけづくりをしたい
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

支援総額

256,000

目標金額 1,250,000円

支援者
27人
募集終了日
2020年4月30日
27人 が支援しました
募集は終了しました
8お気に入り登録8人がお気に入りしています
このクラウドファンディングは達成しませんでした。支援予約はすべてキャンセルとなります。銀行振込みにより支援を行った方には、当社より返金が行われます。

8お気に入り登録8人がお気に入りしています

プロジェクト本文

 

日本人初のトランスジェンダーラリースト(当方調べ)として、障害のある子を持つ親として、社会的弱者の活躍の場を切り拓くために、最初のステップを踏み出させてください。

 

皆さま、はじめまして。MACÖ(まこ)と申します。京都に生まれ、1年4か月前、妻の故郷である、徳島県阿南市に移住しました。

幼少期より体格面の乏しさなどから、周囲から男子として不適格だと指摘されることが多く、両親は剣道を習わせたり、丸坊主を強要するなどしていました。私自身は明確な自覚というほどのものはありませんでしたが、自分の性別の適合性について違和感を抱くことはしばしばありました。しかし、小学生のときのある出来事をきっかけに、自身の女性的な部分は隠さねばならないと思い至り、以後は男性として虚勢をはることに努めました。

強い自己否定をもって日々を過ごし、世間の目に恐怖を抱きながらも40代を迎え、何とか子宝にも恵まれることができたのですが、我が子の姿を目にしたとき、母性のような感情が芽生えたことをきっかけに、家族と相談を繰り返し、現在はトランスジェンダー女性として自認しています。

 

 

そして今回、障害がある人でもモータースポーツが楽しめる未来を実現するため、モータースポーツに参戦するというチャレンジをすることにしました。

 

きっかけは、障害を持つ4才の長男でした。一見無謀に思えるチャレンジかもしれませんが、日々進化するテクノロジー、そして多くの人の理解と協力があれば実現できると思います。そのために、まずは親である私が、モータースポーツの世界を学び、第一歩を切り開いていきたいと思っています。皆様の温かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

愛する長男は脳性麻痺による障害を持つ身です。そんな彼が自動車を運転するジェスチャーをする姿を見たとき、私は嬉しさよりも悲しい気持ちに支配されてしまいました。

 

4歳半ばの長男は脳性麻痺による身体障害と知的障害を併せ持っています。彼がこの先どんな風に成長していくのか、症状は改善するのか、悪化するのか、それすらわからない毎日です。そんな長男が、最も興味を示す対象が自動車です。

 

 

恐らくは自動車好きな私の影響なのでしょうが、食事や着替えといった日常の動作を真似するよりも早く、自動車が走る映像を観ただけで、ハンドルを回すジェスチャーをし始めました。満面の笑顔でそのジェスチャーをしている様子を初めて目にしたときに、私は喜びと同時に絶望に似た悲しい気持ちに支配されてしまいました。


 

なぜなら「彼はそのジェスチャーを、現実の行動として叶えることはできないのだ」と、思い込んでしまったからです。

その後もその悲しい気持ちは、私の心に小さなわだかまりとして残り続けました。だからこそ、なんの気なしに見つけたどこかのウェブページに刻まれたある一文が、私に衝撃を与えました。

「モータースポーツは、障がい者と健常者が同じルール、同じフィールドで競い合うことができる数少ないスポーツである」

今となってはどこで見つけたのか、どうやってそのページにたどり着いたのかすら思い出せないですし、本当にこんな一文だったかも定かではありません。

そのときは、あまりの衝撃に、見てはいけないものを見てしまったかのような気持ちになって、反射的にそのページを閉じてしまったことだけを記憶しています。

 

 

モータースポーツは多くの資金が必要で、事故などの危険も伴うものである。しかし…

 

家族を持つ父親という立場でありながら、没頭して良い世界ではないことは明白ですし、子どもの未来というなんの確証もないものを根拠にしてはいけないとも思っていました。しかし、その後も何度も目にする長男のジェスチャー。その度に、例の一文と自身の感情との間に葛藤が生まれ、素直に笑って見守れない日々が続きました。

 

そこで、まずは私自身がその世界に身を投じ、身をもって何ができるのか、何をすべきかを自身に問おうと決断し、国内B級ライセンスという、モータースポーツに競技者として参加するための資格を取得しました。その後、日本自動車連盟(以下JAF)に所属する自動車クラブに入会しました。

 

 

それからは所属する自動車クラブが主催する競技会に家族でお手伝いに行ったり、障害のある人も競技に参加できるような自動車の開発をされている方に会いに行ったりするなど、モータースポーツに携わる皆さんと出会い、ある意思がより強くなりました。
 

 

身体および知的障害のある人でも参加できるモータースポーツの実現を。


この先テクノロジーはどんどん進化し、AIによる自動運転化が進み、いつか自動車は移動手段から移動空間になるのでしょう。そんな未来にも、自動車を操る技術を競い合うというスポーツは存在し続けると私は思います。

 

否、そんな未来だからこそ、存在しなくてはならないと私は思います。
 

自動車クラブに入会し、先輩たちの競技に対するスタンスを見て、自分も見る側ではなく見せる側でありたい、純粋に競技者として競い合う楽しさを実感したい、という願望が強くなりました。それと同時に、今はまだ健常者だけが楽しむことができる環境でもあると感じました。だからこそ、当事者である私自身がチャレンジし、声をあげ、呼びかけていくことの大切さを感じました。

 

現在、すでに障害を持ちながらもモータースポーツの世界で活躍されている選手もおられます。それが青木拓磨選手です。青木選手は、全日本ロードレース選手権スーパーバイククラスで1995~96年に2年連続チャンピオンとなり、翌1997年には世界選手権にも出場なさるなど、2輪の世界でトップクラスの活躍されていましたが、1998年のシーズン開幕前のテストで転倒し、脊髄損傷による下半身不随の状態となりました。

 

回復後は4輪に転向なさり、アクセルやブレーキ操作を手で行えるように改造した車でラリーレイドという競技に参戦され、2008年のアジアクロスカントリーラリーでクラス優勝を達成されました。

 

JAFは障害者へのライセンス発給に消極的でしたが、ご自身や周囲の友人の皆さんの働きかけで2010年に限定ライセンスが解除され、国内でのレースにも参加できるようになりました。現在はレーシングドライバーとしてダカールラリーやGTアジアで「優勝」することを目標に活動されています。

 

また、「夢をあきらめない、挑戦し続けることの素晴らしさ」を伝えるべく、全国で講演会などもされています。昨年の鈴鹿8時間耐久ロードレースでは21年ぶりにバイクで走行され、そのニュースを目にしたとき、私は大きな感動と勇気をいただきました。(参照元:Wikipedia


今はまだ参加できない人たちでも、将来的には参加できるような取り組みを。


モータースポーツというスポーツの枠組みから、ハンデを持つ人たちを決して爪弾きにしてはならないと私は思います。モータースポーツは今以上にユニバーサルなスポーツになることを目指すべきですし、この先テクノロジーや情熱はそのために存在するものであっても良いと思うのです。

 

そのために私は残りの人生の情熱を捧げたく、第一歩を踏み出すために参戦を希望します。

 

 

 

皆様からのご支援で「TOYOTA GAZOO Racing Rally Challenge 2020」 シリーズへ参戦します!

 

今回のプロジェクトでは、皆様からのご支援で、トヨタ自動車のモータースポーツブランドである「TOYOTA GAZOO Racing」が主催する「TOYOTA GAZOO Racing Rally Challenge 2020 シリーズ」全12戦のうち以下3戦に出場します。

 

同シリーズは参加者の約半数が初心者というビギナー向けの競技で、初心者に優しいコース設定で、サービス体制も充実しており、安全かつ手軽にエントリーできる日曜開催の1dayラリーです。国内B級ライセンスがあればハイブリッド車やAT車でも参加できます。動員数は数千人以上規模で、会場には子ども向けのゴーカートなどが設置されたり、国内外のトップドライバーによるトークショーが開催されたりします。

 

2020年6月20~21日 第5戦 吉野ケ里/佐賀県
2020年8月22~23日 第8戦 那須/栃木県
2020年11月14~15日 第12戦 豊田/愛知県

 


上記に加え、中四国選手権へのスポット参戦も検討しています。初年度ですのでまずは1戦1戦を確実に完走するように努力し、経験を積みたいと思っています。

 

 

地域おこしの一環となるような活動の実施、障害者が参加しやすい環境やテクノロジーを開発していきたいです。

 

出場の際に乗る車両には、徳島県阿南市の公式イメージキャラクター「あななん」を車体に描いたり、阿南市にある「若杉山辰砂採掘遺跡」から採れた鉱石から作られたとされる水銀朱の「真朱」という色を車体色に取り入れようと思っています。また「阿南市地域おこし協力隊」のロゴである「vs自分」をメインテーマとしてプロジェクトを推進していきます。

 

 

将来的にはTOYOTA GAZOO Racing Rally Challenge を阿南市に誘致することを目標に、その前段として、地域の交通安全意識向上を目的としたモータースポーツ体験イベントや安全運転講習イベントなどを実施していきたいと考えています。さらに、障害者や高齢者の運転をサポートするテクノロジーの検証や開発にも取り組みます。


これまで事故などで後天的に障害を負われた方の実績に比べて、先天的な障害を持つ方の実績は圧倒的に少ないと思われます。身体的な障害だけではなく、知的障害を持つ方々でもモータースポーツへの参加が可能になるような環境構築やテクノロジーの模索を行っていきたいと考えております。

 

今回のプロジェクトを通じて、障害者であるということも個性であり多様性の一つであると、社会が認識できるようになれば素晴らしいことだと思います。同時に多様性を認めて欲しいと望むマイノリティ側の人たちも、社会との共存のために何ができるのか、何を支援して欲しいのか、どのように理解して欲しいのか、といった声を正しく発していくことが必要なのだという見本となりたいと考えております。

 

 


本プロジェクトのリターンのうち、【お名前掲載】に関するリターンの条件詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

プロジェクトの詳細をひらく

プロフィール

ラリードライバー MACO

ラリードライバー MACO

夫と父親という立場以外では女性として日々を過ごす者です。 障がいを持つ我が子がいつの日かモータースポーツへの参加ができるように、まずは私自身がチャレンジしようと決意し、プロジェクトを立ち上げました。 私自身を含めて、障がい者やマイノリティの人たちが正当に世の中に認知され、正しく相互理解が進むために、その第一歩として、いま必要な事として、正しく声をあげることから始めていく、というスタンスで進めていきたいプロジェクトです。 どうかご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

リターン

3,000

【応援コース】お礼のメールのみ

【応援コース】お礼のメールのみ

私のことを、ただただ応援したいと仰る天使のような貴方のためのコースです。
※もっと応援したい、オレの全力はそんなもんじゃないってぜ!って方は何口でも受け付けております。

・感謝の気持を込めたお礼のメール

支援者
18人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年5月

3,000

オリジナル iPhone ケース

オリジナル iPhone ケース

阿南市地域おこし協力隊のシンボルでもあり、私のプロジェクトテーマでもある「vs自分」ロゴと「ラリーチームライトモストモータースポーツ」のコラボロゴを採用したオリジナル iPhone  ケースです。

阿南市の西部木工さんご協力の下、UVプリンターでひとつひとつ私自身が心を込めてプリントさせて頂きます!

上記に加えて、以下のリターンも含ませて頂きます。
・お礼のメール
・ラリー車両へのお名前掲載(希望者のみ)

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年6月

5,000

オリジナル木製カトラリー作成キットと藍のお茶セット

オリジナル木製カトラリー作成キットと藍のお茶セット

阿南市のお隣にある那賀町産の杉を使用したオリジナルカトラリーの作成キットと彫刻刀、藍で作ったお茶をセットにしました。

カトラリー作成キットは、徳島県立那賀高等学校の生徒さんたちが杉板にフォーク、ナイフ、スプーンを形どって切り込みを入れてくれていますので、その切り込みに沿って各パーツを切り離し、後はそれぞれ彫刻刀を使ってお好みの形に削り取っていくというキットです。

藍のお茶は、阿南市の雑貨屋さん「こはる日和」さんが無農薬栽培の藍を使って作っておられ、徳島名産のすだちをしぼると色が変わるという不思議なお茶です。

ほんのりと漂う杉の香りを嗅ぎつつ、時折、藍のお茶を口にしながら、一心に彫刻刀で削るというというのは、少し贅沢な時間の使い方かもしれまねんね。

上記に加えて、以下のリターンも含ませて頂きます。
・お礼のメール
・ラリー車両へのお名前掲載(希望者のみ)

支援者
0人
在庫数
20
発送予定
2020年6月

10,000

【精一杯応援コース】お礼のメールのみ

【精一杯応援コース】お礼のメールのみ

私のことを、ただただ応援したいと仰る天使のような貴方のためのコースです。
※もっと応援したい、オレの全力はそんなもんじゃないってぜ!って方は何口でも受け付けております。

・感謝の気持を込めたお礼のメール

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年5月

10,000

リアルなマコを体感してみる

リアルなマコを体感してみる

「子育て」「障がい」「LGBTQ」「vs自分」「地域活性化」「モータースポーツ」、他にも貴方が気になることやなんかをお話しながら、私と一緒の時間を過ごしちゃいましょう。

WUTO-WURKさんでお茶しながらの対談や、県内のクローズドなダートコースでのプチラリー体験など、そんな感じを予定しております。その他、可能な限りはご希望にお応えします。

原則、徳島県内(県東部)での面会となります。
面会時間は2時間程度を予定しております。
面会場所までの交通費などは別途ご負担ください。

上記に加えて、以下のリターンも含ませて頂きます。
・お礼のメール
・ラリー車両へのお名前掲載(希望者のみ)

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年5月

10,000

阿波牛詰合せ(梅 1万円コース)

阿波牛詰合せ(梅 1万円コース)

「阿波牛の匠のべ」さん特選の阿波牛詰合せです。

【梅】
(商品名)
のべ牧場産 阿波牛 モモバラ切り落とし 500g

のべ牧場は阿波・徳島県南部の鮎と清流で名高い、那賀川下流域に位置し、その清く澄んだ空気と水、自然に恵まれ、広々とした那賀川平野で飼育されています。のべ牧場の黒毛和牛は無添加・無薬、常に「安心」「安全」「美味」を心がけています。

こちらのコースでは、赤身と脂身のバランスが程よい組み合わせのモモとバラの切り落としを詰め合わせています。贅沢にご家庭用の料理にも幅広くご利用できます。赤身の旨味と脂身の甘みとコクの調和をぜひご賞味ください。

上記に加えて、以下のリターンも含ませて頂きます。
・お礼のメール
・ラリー車両へのお名前掲載(希望者のみ)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年5月

30,000

【全力応援コース】お礼のメールのみ

【全力応援コース】お礼のメールのみ

私のことを、ただただ応援したいと仰る天使のような貴方のためのコースです。
※もっと応援したい、オレの全力はそんなもんじゃないってぜ!って方は何口でも受け付けております。

・感謝の気持を込めたお礼のメール

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年5月

30,000

「チームロゴ」×「vs自分」グッズ3点セット

「チームロゴ」×「vs自分」グッズ3点セット

「RallyTeam LightmostMotorSports」のチームロゴと「vs自分」のロゴをコラボさせた「アウター+Tシャツ+ステッカー」の3点セットです。

※アイテム内容及びデザインは画像とは異なります。

上記に加えて、以下のリターンも含ませて頂きます。
・お礼のメール
・ラリー車両へのお名前掲載(希望者のみ)
・リアルなマコを体感してみる(希望者のみ)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年6月

30,000

阿波牛詰合せ(竹 3万円コース)

阿波牛詰合せ(竹 3万円コース)

「阿波牛の匠のべ」さん特選の阿波牛詰合せです。

【竹】
(商品名)
のべ牧場産 阿波牛 特選ロース・ランプすき焼き用 1kg

のべ牧場は阿波・徳島県南部の鮎と清流で名高い、那賀川下流域に位置し、その清く澄んだ空気と水、自然に恵まれ、広々とした那賀川平野で飼育されています。のべ牧場の黒毛和牛は無添加・無薬、常に「安心」「安全」「美味」を心がけています。

こちらのコースでは、赤身で最も柔らかいとされるランプの部位と霜降りの部位をバランス良く組み合わせたすき焼き用となります。口の中でとろける柔らかさと濃厚な旨味をぜひご賞味ください。

上記に加えて、以下のリターンも含ませて頂きます。
・お礼のメール
・ラリー車両へのお名前掲載(希望者のみ)
・リアルなマコを体感してみる(希望者のみ)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年5月

30,000

WUTO-WURKセレクション:地元の特産品詰合せ

WUTO-WURKセレクション:地元の特産品詰合せ

1987年創業のハンバーグ専門店、WUTO-WURKさんが地元の厳選食材をセレクトしてくださいます。

セレクトする食材は、

・ 畑名味噌  
・有機ゆこう果汁
・しいたけ侍
・その他の旬素材
・しいたけデュクセル
・わじきさちのか、または、 羽ノ浦産アップルマンゴー(収穫、配送時期によっては新野町産ブルーベリー)

などを予定しております。


上記に加えて、以下のリターンも含ませて頂きます。
・お礼のメール
・ラリー車両へのお名前掲載(希望者のみ)
・リアルなマコを体感してみる(希望者のみ)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年5月

30,000

オリジナル遊山箱

オリジナル遊山箱

徳島では旧暦のおひなさまの頃に春の節句があり、このお重にご馳走を詰め込んで、お出かけしたそうです。

私が徳島に移住して間もない頃、ローカル局のニュース映像でみた遊山箱に一目惚れしてしまいました。

「これ可愛い、なんで持ってないの?」と妻に聞いたのを覚えています。

お弁当を詰め込んでお出かけする機会はあまりないかもしれませんが、コスメボックスやアクセサリーケースとして代用するのは「全然アリ」だと思います。

ちょっとした大切なものや思い出のお片付け場所に是非おひとついかがですか。

上記に加えて、以下のリターンも含ませて頂きます。
・お礼のメール
・ラリー車両へのお名前掲載(希望者のみ)
・リアルなマコを体感してみる(希望者のみ)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年7月

50,000

阿波牛詰合せ(松 5万円コース)

阿波牛詰合せ(松 5万円コース)

「阿波牛の匠のべ」さん特選の阿波牛詰合せです。

【松】
(商品名)
のべ牧場産 阿波牛 特選サーロイン&シャトーブリアン ステーキ詰め合わせ サーロイン3枚(750g)シャトーブリアン2枚(300g)

のべ牧場は阿波・徳島県南部の鮎と清流で名高い、那賀川下流域に位置し、その清く澄んだ空気と水、自然に恵まれ、広々とした那賀川平野で飼育されています。のべ牧場の黒毛和牛は無添加・無薬、常に「安心」「安全」「美味」を心がけています。

牛肉界の王道サーロインとヒレの中でも最も柔らかい部分であるシャトーブリアンのステーキを豪快に詰め合わせています。最高級と希少部位の組み合わせをぜひ食べ比べてみてください。

上記に加えて、以下のリターンも含ませて頂きます。
・お礼のメール
・ラリー車両へのお名前掲載(希望者のみ)
・リアルなマコを体感してみる(希望者のみ)

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年5月

100,000

木製アタッシュケース

木製アタッシュケース

地元産の杉材を使った特性の木製アタッシュケースです。「チームロゴ」や「vs自分ロゴ」またはご希望のロゴやテキストを焼き入れ印刷してお届けします。

上記に加えて、以下のリターンも含ませて頂きます。
・お礼のメール
・ラリー車両へのお名前掲載(希望者のみ)
・リアルなマコを体感してみる(希望者のみ)

支援者
0人
在庫数
10
発送予定
2020年7月

プロフィール

夫と父親という立場以外では女性として日々を過ごす者です。 障がいを持つ我が子がいつの日かモータースポーツへの参加ができるように、まずは私自身がチャレンジしようと決意し、プロジェクトを立ち上げました。 私自身を含めて、障がい者やマイノリティの人たちが正当に世の中に認知され、正しく相互理解が進むために、その第一歩として、いま必要な事として、正しく声をあげることから始めていく、というスタンスで進めていきたいプロジェクトです。 どうかご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

あなたにおすすめのプロジェクト

達成

#親Photo ヨシカワ写真館が写真の力で家族の絆を繋ぎます

酒井 浩敏酒井 浩敏

#起業・スタートアップ

111%
現在
1,111,000円
寄附者
83人
残り
2日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの応募・相談をする

プロジェクトの相談をする