マラウイハニーの特徴です。

 

1.環境が他の蜂蜜と違う

マラウイ共和国は最貧国ということもありますが、農薬を買うことができない農民か多いため、アフリカの大自然のなかで育った蜂蜜です。電気やガスの無い環境でマパンガ村では自動車もほとんど通りませんので自然そのままで野生のアフリカミツバチが野生のマンゴーの花から採取したははちみつです。また、電気がないので機械化がないので全て村人が力を合わせて手作業でおこないます。

国産の蜂蜜は冬の1月2月は蜂に砂糖水を採取して蜂を生かしていますが、マラウイハニーは一年中花蜜が咲きますので、花の蜜のみです。(砂糖が輸入品が多いので結構値段がするそうです)

 

2.マンゴーの花

マラウイにはマンゴーが沢山採れます。マパンガ村でも沢山のマンゴーがとれます。初夏にマンゴーの花がとれるのでその花から採取した蜂蜜です。マンゴーは漆科なのでマンゴーアレルギーの人は症状がでることがありますので注意が必要です。

 

3.ブドウ糖と果糖がとても低い

蜂蜜の基準としてブトウ糖と果糖合わせて全成分中100g中60g以上とされています。国産の蜂蜜はだいたい75から82gぐらいですが、マラウイハニーは67.5gです。

 

4.独特な味

養蜂家などはロイヤルゼリーやプロポリスなどは分離していますが、マラウイハニーは分離していません。ですので採取したらそのままタンクに詰めて日本に持って来て、それを日本で不純物(王冠に女王蜂の蛹がいたりします)と分離して瓶詰め検査などを行います。

マラウイハニーは巣箱に入っているものをそのまま瓶につめるのでかなり濃厚な味がして多くのお客様から好評を得ています。

 

5.常温で長期保存

開封しても常温で長期保存が可能

 

 

 


 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ