プロジェクト概要

プロジェクトの終了が報告されました

子連れシッターサービス「ママくる?」を広めるためにHPをたちあげたい!

 

はじめまして!墨田区で一姫二太郎の子育て中!ちゃのま保育園代表の宮村柚衣と申します。私は自分の1歳と2歳の子供たちが墨田区の待機児童となったことをきっかけにお母さんの働きたい!を応援するために、昨年10月にちゃのま保育園を設立し、現在園長をしております。そこで、実際に保育士さんやお母さん方と接するうちに「?」が出てきました。

現在のシステムですと自分の子供を保育園に預けて働きに外に出なくてはなりません。ただ、そうすると、子供との触れ合う時間が減ったり、子供を保育園に預けながら、違う保育園で働くなどといった状態が発生しています。そこで、私達は小さい子をお持ちのお母さん達が少しでも長く自分の子供といれる場があっても良いんじゃないか?と、考えるようになったのです。『子どもを産んだからこそ、子どもが小さいうちだからこそ出来る仕事』と考え、今回のサービスを考えました。

 

働きたいお母さん達に、子連れシッターサービス「ママくる?」を知ってもらうためのHPを作成する費用が足りていません。みなさまご協力いただけないでしょうか?

 

 

現在の待機児童問題を解決し、子連れママ達が仕事しやすい環境を作りたい!

 

昨年の春に区役所の保育担当者から『墨田区内に新しく100人定員の認可保育園1つと30人定員の認証保育園2つが2014年の春に開園するので待機児童問題は解消される見込みです』と言われ、その言葉を信じ保育園入園申込書を区に提出したものの『保育の必要性はあるが定員不足のため不可』という結果が来ました。ここから色々な疑問が湧き上がり、これは、行政に期待して待ってるより自分で動いた方が早いんじゃないか?ということで、保育園をつくろう!と、決意しました!お母さん達を色んな面から応援したい!そんな経緯から"ちゃのま保育園"は設立されました。

 

 

 

子連れシッターサービス「ママくる?」とは、小さなお子さんがいながらも、お子様と一緒に働ける場を作るサービスです。

 

子連れシッターサービス「ママくる?」は、その名の通り自分の子どもを連れてイベント会場で託児を提供する場を作るサービスです。つまり、”自分の子どもと時間を過ごす”ことと”仕事”の両立が可能なサービスです。イベント託児を希望される企業や団体様が「ママくる?」のHPを見てご連絡頂くと、内容についてご相談・ご提案後、会場の確認をしイベント当日に子連れシッターを派遣します。

 

ちゃのま保育園を設立し、子育て支援のボランティア等をしていくうちに「働きたいけど…働いていないと保育園に入れないのですよ」と言うお母さん達にたくさん会いました。また、保育士さんを採用する過程で「自分の子どもを他の保育園に預けて働く、子ども好きな保育士の姿」を目の当たりにし、子育て中のお母さんや保育士さんが自分の子どもと一緒に働ける場所がもっと一般的にあっても良いんじゃないか?もっと、働きたいお母さんの選択肢が広がる社会の方が良いんじゃないか?と、思ったことが「ママくる?」を始めようと思ったきっかけです。

 

 

働きたい!と思っているお母さんと、お母さんと一緒に働く子供たちにいつも笑顔でいてもらいたい。イベント託児「ママくる?」に、子どもを預けたお母さんが次は「ママくる?」のシッターとなりイベント託児を行います。イベントのお客さんになったり、スタッフになったりと一方的なサービス提供ではなく協働により働きたいお母さん達を繋ぎ支えていけるようなサービスを目指しておりますのでご支援・ご協力お願い致します!

 

〜〜・〜〜・引換券について・〜〜・〜〜
 
・サンクスレター
子連れシッターが心を込めてつくった手作りのサンクスレターをお送り致します。
 
・ホームページにお名前またはバナー掲載

・ちゃのまTシャツ
サイズはこちらこらお選びください:80・90・100・110・120
 
・ホームページに応援団としてプロフィール写真&自己紹介記事(120字程度)を掲載

・ホームページに応援団としてインタビューページ創設(1P)

・ちゃのま保育園1日園長

・ちゃのま保育園給食いつでもサービス

最新の新着情報