プロジェクト概要

 

初めまして、松永桃子です。私は、イルカの専門学校に通う23歳です。水族館などでパフォーマンスを行う「プロのマーメイド」になることが、私の夢です。一度は”人魚にはなれない”と諦めかけましたが、心の中ではいつも、人魚として泳げたら…こんな事が人魚として出来たら…と思いながら日々を過ごしていました。

 

そして最近は、実際にプロマーメイドとして活躍されている方にお会いすることができ、少しずつ夢への一歩を踏み出しています。「プロマーメイドになりたい!」という夢が一段と強くなり、今回は、マーメイドに欠かせない“マーメイドテイル”といわれるシリコン素材で作られた人魚のフィンを購入したいのです。母子家庭という事もあり、全ての学費や生活費の一部を負担していて、それらを払いながらマーメイドテイルを購入することは残念ながらできません。

 

どんな夢も自分次第で切り拓いていけることを、子供たちにも伝えたい!

どうか皆さまのお力をお借りできませんでしょうか。

 

 

 

 

私は、物心がついた時から海が好きで、そして同時に”人魚になりたい”と思っていました。少しでも人魚に近づきたかった私は、泳ぎ方が似ていると感じていたイルカと、一緒に泳ぐことを始め、海や野生のイルカと関わる事ができることを職にしたいと思い現在のイルカの専門学校に入学しました。

 

一度、知人の知り合いにマーメイドテイルを持っている方がいると聞き、連絡を取り、マーメイドテイルについてのお話を伺いましたが、金額が壁となりそれ以上行動ができませんでした。そんな時、友人から誘われた某水族館のボランティアに参加することになり、そこで現在プロマーメイドとして活躍されている方とお会いしました。その出会いをきっかけに、人魚としての道が開けていき、可能性が広がりました。

 

プロのパフォーマーとなるためには、自分の体に合ったフィンが必要です。調べる中で、人魚のパフォーマーとして活躍している方がいるアメリカで、腰から下を10箇所ほど測り、フルオーダーでフィンが作れることを知りました。プロも使用するシリコン製のフィンを求めてアメリカへの渡航をしたいと思っています。

 

マーメイドと泳ぎ方が似ているイルカと泳ぐ

 

 

 

私は現在通っている学校で一人の尊敬する先生に出会いました。その方は、元々はダイビングショップで働き、たくさんの子供たちと海へ行き、海や生き物の素晴らしさを伝えていました。

 

しかし、先生は癌になり、海へ入る事が出来なくなってしまいました。現在、先生は、癌と闘いながら、廃材で本物そっくりのロボットを作り、そのロボットを連れて各地の病院を回っています。私もお手伝いで参加させていただいたことがありますが、そこには、病院から出たことがない、海を見たことがない、生き物に触ったことがない、夢を持っていてもそれを言うことができない子供たちがたくさんいます。

 

「次は、どんなロボットが見たい?」と先生が聞くと、「人魚!!」と答えてくれた子もいました。先日、人魚のロボットを連れて行った際には子供たちから大人気だったそうです。それでは、本物が現れたら…?

その先生は、子供たちにいつもこう伝えています。

「本物は100万倍すごくて可愛い!だから元気になって会いに行っちゃおう!!」

 

専門学校で出会った恩師

 

廃材でつくったロボットを披露する先生

 

 

 

「人魚になりたい」

こんなぶっ飛んでいて、まるで夢物語の様な夢でも諦めずに思い続けていれば叶う。私がその証明になり、子供たちや、夢を諦めかけている人の希望や勇気になっていきたいと思っています。

 

学校生活やプライベートの中で多くの水族館や、色々な海へ行きましたが、思うのはいつも”ここに人魚がいたら素敵だろうな…”ここで人魚として泳ぎたいな…”ということばかりでした。皆さまのお力をお借りできませんか。よろしくお願い致します!

 

専門学校のみんなと

 

 

♦♢ご支援金の使途について♢♦

・マーメイドフィン費

・アメリカへの渡航費

・リターン費

・その他諸経費 など

 

 

♦♢リターンについて♢♦

・フォトレター♡ 

手書きメッセージ付きサンクスレター

 

・おうちでマーメイド

フリース素材のブランケットです!
お子様は首まですっぽり、大人の方も下半身まで包めます♪

 

・マーメイドでエコ *デザインは考案中

人魚の写真(もしくはイラスト)がプリントされたエコバッグ

 

・あなたもマーメイド!男性の方も歓迎!

水着素材で作られたマーメイドフィンをつけてのマーメイドスイム講習初回無料

(東京都内)

 


最新の新着情報