ハロウィン巨大迷路ワークショップ

 

こんにちは!co-no-mi運営メンバーの阿部です。

実は私とっても感動しています!

 

なぜなら、クラウドファンディングを昨日リリースさせていただいて、なんと1日で10万円を超えるご支援が!!公開する直前まで、全然反応がなかったらどうしよう…。支援していただける方なんているのだろうか??

と不安な気持ちばかりだったのですが、一人、一人と暖かい応援コメントと共に金額が集まっていくのを見て、本当に感謝の気持ちで胸がいっぱいです。

 

もちろん、リリースするからには良い場所を作るぞ!!という強い信念を持って取り組んでいるのですが、改めて応援してくださる方の声でより一層頑張らねば!という気持ちになっています。

 

 

さて、そんな暖かい気持ちを迎えた本日。

プレイベントとして「ハロウィン巨大迷路ワークショップ」を開催しました!外はどしゃぶりの雨の中キャンセルは一人もなく、子どもたち約40名とお母さんお父さんに参加していただきました。

 

今回の企画は10月2日に開催される「松戸まつり」という松戸市を代表する大きなお祭りの中で実施する巨大迷路を、子どもたちと一緒に作ろうという内容で、3.5m×3.5mの大きさのダンボール迷路を飾る壁画を作っていきました。

 

 

co-no-miでも定期的に開催していく「探求型スクールC-Quest」として企画したこのワークショップでは子どもたちの創造力を引き出しながら、仲間で協力して一つのものを作り上げていく楽しさを体感することを大切にしました。

 

はじめのゲームでつくった4チームに分かれて描いていった壁画はそれぞれの個性が表れてとても楽しそうな仕上がりに。中には何枚も紙を重ねてお化けを作る子がいたり、自分の家から持ってきた可愛い色紙で細かな飾りを作る子がいたり。

 

後半はダンボール迷路をお父さんお母さんと協力して組み立て、子どもたちにお試しで体験してもらいました。でもただ遊ぶだけではなく、どうやったらもっと面白くなるかを子どもたちにアイデアを出してもらうのがC-Quest流。たっくさんの良い意見を出してもらうことができ、本番が楽しみです。

 

 

ということで、最後はみんなで集合写真。

ここで完成した巨大迷路は10月2日(日)に松戸駅前で行われる松戸まつりにて遊ぶことができます。是非子どもたちが考えてカタチにした迷路を見に来てくださいね!

 

クラウドファンディングは残り47日!11月8日まで走り抜けていきます(>_<)

新着情報一覧へ