こんにちは。

5月21日シェルターにお邪魔しました。

 

最近のシェルターの報告です。

5月初めに2日ほど、帰らなくなったキンタが、シェルターに戻った時、

片方の目が赤く充血していたので、しばらく通院していましたが、

次第に体が硬直して歩けなくなり、そのまま亡くなってしまったそうです。

原因は分からずですが、杉田さんは、皆さんのご支援して頂いたお金で最後まで治療させてあげれたことが救いだと言ってみえました。

キンタ君、やすらかに。

 

そして、本日、新入り猫ちゃんに会いました。

のらくろ君

犬みたいな名前ですが猫ちゃんです(笑)

3日ほど前にやってきましたが、すでに名前も決まり、人にも猫にも臆することなく、古株並みに寛いでおりました!(^^)!

 

昔、譲渡した方から、家に住み着いた子猫をなんとかしてほしいという依頼で出かけたところ、前歯の欠けた大きな猫だったというわけです(笑)

少し痩せているので、もう少し体力がついてからの避妊手術になるようです。

この猫ちゃんです。

稲木町から来ました。

暫くは、お庭には出られません。
 

 

 

 

そのほかにも、ミルクボランティアさんから預かった2匹の猫を自宅で保護しておられたみたいですが、2匹とも里親さんが決まり喜んでみえました。

そして、その猫の兄弟5匹も全てお家が見つかったそうです。

 

そして、さらに、また新しい子猫が近々やってくるそうです。

ほんとにパワフルな杉田さんです。

口癖は、

「工夫したらなんとかなる」

「可哀そうな猫は、ようほっとかん」

私は、杉田さんの事、ようほっとかん(笑)

「ほっとかん」は、松坂弁かな?

 

他の猫ちゃんは、相変わらずのんびりとして幸せそうです。

こんな感じです。

 

 

 

 

 

お部屋もお孫さんの手で少しリニューアルされてて、可愛くなってました。

こんな感じです。

 

 

 

 

ますます元気な杉田さんで安心致しました。

 

山下さと子

新着情報一覧へ