ダイアログ・イン・ザ・ダーク 代表の志村真介さんよりメッセージをいただきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

将来を担う子どものことを考える時間は、その国の民度と比例しているらしい。

 

些少ですが、こどもたちのためになればと クラウドで応援しました。

 

みんな違っていることが、普通で、それぞれ自由な存在であり、かけがえのない人であること。

 

そうした普通に子どもたちが出会える機会が増えますように!

 

 

DIALOG IN THE DARK

志村真介

 

http://www.dialoginthedark.com/

 

【ダイアログ・イン・ザ・ダーク代表 志村真介さんプロフィール】

コンサルティングファームフェロー等を経て、1999年からダイアログ・イン・ザ・ダークの日本開催を主宰。

1993年4月27日、日本経済新聞の小さな記事にてウィーンで開催されていた視覚障がい者によるアテンドのもと暗闇の中で対話をする「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」と出合う。感銘を受けてドイツ人の発案者・アンドレアス・ハイネッケに手紙を書き日本開催の承諾を得る。1999年日本初開催。視覚障がい者の新しい雇用創出を実現すると共に人が対等に楽しくコミュニケーションできるソーシャルプラットフォームとして世の中に提供し続けている。2009年3月から2017年8月まで東京外苑前で常設。既に体験者は20万人を超える。現在、2020年に向けて対話のミュージアムを開設するために猛進中。

 

著書:『暗闇から社会が変わる』ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパンの挑戦

講談社現代新書

新着情報一覧へ