READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

視覚障がい者と健常者が一緒に楽しめる映画祭をつくりたい!!

大竹 修

大竹 修

視覚障がい者と健常者が一緒に楽しめる映画祭をつくりたい!!

支援総額

175,000

目標金額 150,000円

支援者
32人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

3お気に入り登録3人がお気に入りしています
2013年12月21日 03:08

残り1日となりました。

 

レディフォーをご覧の皆様へ

 

こんにちは、大竹です。

レディフォーの締め切りが残り1日となりました。

 

皆様のおかげで無事、目標金額を達成することが出来ました。

心から感謝しております。

最後に、この企画をやっているときに、運営メンバーの学生からラインメールがきたので
ご紹介したいと思います。 
(ラインとはスマートフォンで扱えるショートメッセージのアプリになります)

せっかくなので原文のままお送りします。笑

 


A子 「しゅうさん しゅうさん」

 

大竹 「はいはい。」

 

A子 「ちょっとだけ聞いて下さい」

 

大竹 「いいですよ」

 

A子 「ちょっとしたことだったんですけど、今日、明大前の駅前で歩道と車道の間にあるポールや看板にぶつかりまくってる視覚障碍者の方がいたんですよ」

 

大竹 「あらら」

 

A子さん 「それで、前だったら、絶対に声かけられず、後ろからうろうろついていくとかしちゃってたんですけど声かけたんですよ。」

 

大竹 「なるほど」

 

A子 「初めは断られたんですけど、一緒の方向なので、ご一緒しませんか?って言って、お話しながら明大まで言ったんですが。最後にくるって回って、手を握られて、ありがとう、って言われたのが何かほんとに嬉しくて。

途中、迷惑だったかなぁとかいろいろ考えたりしてたんですが
ほんとに嬉しくて。
ほんとにちょっとしたというか、少しだけなんですけど
自分も変われたのかなぁと思って
映画祭関われてほんとによかったなぁ、絶対成功させたいなぁと思いました」

 


大竹 「本当に素晴らしい事をしましたね!」

 

A子 「ちなみにその視覚障碍者の方も映画祭来てくれるらしいです!予定が空いていたら!」

 

大竹「それは映画祭を見に行くのではなくて、あなたという人がやっている映画祭を見に行きたいという意味なんですね」

 

A子さん「有難うございます!」

 


 

僕はこのラインを閉じたとき、思わず泣いてしまいました。

無償の行為は押し付けではいけません。

僕ができることは、僕が思っている事、技術、そして交友関係を伝えるのみです。
それ以外は彼らが個々にバリアフリーを感じてもらえればいいと思っています。
例え、今回だけの関わりだったとしても、今回の事は、彼らにとって素晴らしい幸せとなって帰ってきます。

・・・と思ってはいても。
こうなってほしい。こうなればいいのにとあれこれ言ってしまう自分がいますし、
うまくいかなくていらだつ時もあります。

彼らにとって素晴らしい時間なのかなと思っていた時にきたメールだったので、
思わずないてしまいました。照笑

この企画するにあたり、一番素晴らしい思いをしているのは私かも知れません。

こんな素晴らしい活動が出来ることを、皆様に心から感謝しております。

このご恩に少しでも返せるように、最後まで頑張って行きますので、

最後までご声援宜しくお願い致します。
 

大竹 修

2013年12月21日

一覧に戻る

リターン

3,000

・手書きのお礼状 (視覚障がいの方にはボイスメッセージデータをメール致します)
・オリジナルポストカード1枚

支援者
15人
在庫数
制限なし

5,000

・手書きのお礼状 (視覚障がいの方にはボイスメッセージデータをメール致します)
・オリジナルポストカード2種類各1枚
・当日のパンフにご芳名させて頂きます。

支援者
12人
在庫数
制限なし

10,000

上記に加え、
・ご招待席を用意させて頂きます。
・当日の風景写真を載せたレポートをお送りします。
・視覚障がいアーティスト セアまりさんのポストカード1枚をお送りします。

支援者
5人
在庫数
15

20,000

上記に加え
・視覚障がいアーティスト セアまりさんの本「ふりふりとまり」もしくは「ふりふりが空から降りてきた」をお送りします。(セアまりさんよりご寄付頂きました)

支援者
1人
在庫数
4

プロジェクトの相談をする