千住のメモリバが挑戦するクラウドファンディング。

 

 

残すところ、あと6日。

 

メモリバで使用するシャボン玉は、1分間に最大1万個のシャボン玉を生み出すマシンによって、生まれます。

一度ご覧になった方はおわかりになるかもしれませんが、実際のシャボン玉の風景は圧巻。

シャボン玉のマシンのメンテナンスを担う人、風の向きを調整する役割の人。

表に出ない役割でも、多くのひとの支えでメモリバが作られています。

 

消えゆくシャボン玉は、儚く一瞬の夢のよう。

でも、そこに確かに残るのは参加者のさまざまな<縁>。

今年も新たな記憶を紡ぎます!

 

 

クラウドファンディング終了は、5月31日(水)午後11:00まで。

みなさまの応援メッセージを読み返しては、はげまされています!

最後まで応援どうぞよろしくお願いいたします。

 

新着情報一覧へ