クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

個人の小さな図書館を集めたマイクロ・ライブラリー図鑑を作る!

礒井純充&マイクロ・ライブラリーサミット実行委員会

礒井純充&マイクロ・ライブラリーサミット実行委員会

個人の小さな図書館を集めたマイクロ・ライブラリー図鑑を作る!
支援総額
377,000

目標 300,000円

支援者
44人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
6お気に入り登録6人がお気に入りしています

6お気に入り登録6人がお気に入りしています
2014年08月29日 12:30

ショッピングモール&大学にできる、新しいライブラリー!

【サミット2014参加ライブラリー紹介】

 

2015年春、今までにない私設ライブラリーが大阪に誕生! 

東急不動産 森ノ宮ショッピングモール

    &立命館大学 大阪いばらいキャンパス

 

2015年4月に大阪市中央区にあった日生球場跡地に新しいショッピングモールが完成、そこにコミュニティーセンターとして「まちライブラリー」ができることになりました。

天井まで本棚に囲まれた空間には、カフェ、キッズスペース、FM局のサテライトスタジオもあり、様々な機能が融合した新しいタイプの私設図書館です。
大人から子供まで幅広く利用することができる地域に開かれたスペースであり、みんなで本を持ち寄って、出会いあり、交流あり、時にはそこで生まれた新しいアイデアが形になったりと、クリエイティビティ溢れるライブラリーになるんじゃないかと、いまから楽しみです。
デザインは、まちライブラリー@大阪府立大学のデザインを手掛け、全国で活躍されているgrafの服部滋樹さん。カフェは、大阪の人気BOOKショップ、スタンダードブックストアが運営します。また、“Whole Earth”ないまを大切にするFM放送局—FM COCOLOが、毎週ライブ放送する予定です。

 

同じく4月、立命館大学が大阪府茨木市に進出し、この中に「まちライブラリー」ができます。
茨木は、立命館大学にとって京都、滋賀に続く本格的な関西のキャンパスとなります。

大学は、茨木の街に溶け込み、地元の人々に貢献していこうと、大学図書館やホールが入る建物一角に、学生と地域が連携する文化交流拠点を作ろうと考えています。
ここに誕生するまちライブラリーが、大学と地元を結びつける結節点になりうるのか、そしてそこから何が生まれるのか? 

 

30日のマイクロ・ライブラリーサミットでは、デザイナーの服部滋樹さん、スタンダードブックストアの中川和彦さん、立命館大学の服部利幸さん、まちライブラリーの礒井、そして会場の皆さんを交えて、語り合いたいと思います。

 

 

■いよいよ開催!マイクロ・ライブラリーサミット2014


詳細・お申し込みはこちらから



====================

readyforでマイクロ・ライブラリー図鑑 制作サポート募集中!



小さな図書館を集めて一冊の本『マイクロ・ライブラリー図鑑』2014年版を出版します!マイクロ・ライブラリーの取り組みは、一人で始めた小さな取り組みですが一歩一歩積み重ねて、気がつけば全国に広がり、沢山の活動が実施されるようになりました。マイクロ・ライブラリーが、全国各地に広まった活動の歩みを、本にして出版します。2000部の発行のための資金の一部として今回も皆様のお力をお借りしたくプロジェクトに挑戦しています。

=====================

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

①サンクスメール
②「マイクロ・ライブラリーサミット2014」リーフレット(当日配布資料)をメールにてお送りします。

支援者
9人
在庫数
制限なし

10,000円(税込)

『マイクロ・ライブラリー図鑑』2014年版を
進呈します。
図鑑にはご支援くださった方のお名前をクレジット記載いたします!
もちろん①、②もご提供します!

支援者
35人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする