東日本大震災から、今日で4年が経ちました。

震災の一年後、ひとり旅で仙台と石巻へ行きました。

いま思い返すと、ボランティアしてくれば良かったな、と思うのですが

その当時は、「自分の目で見てくる」というだけでも意味があるような気がして

ただ現地にいっただけでした。

 

なぜ石巻だったかというと、

以前勤めていた会社で石巻のホームセンターのチラシを制作していたことがあり

なんとなく自分の中で馴染みがあったためです。

仙台へは、苫小牧からフェリーで行きました。

 

 

そのまま荷物を持って、石巻へ。

仙石線が途中復旧していなかったので、松島からバスに乗りました。

バスの中から見た景色…

住宅街であっただろう場所に2階部分だけ残った家がポツンポツンとあったり、

倒壊した電柱の横を歩いている子どもたち、

線路に横たわる倒木…

復興からは遠いな、と感じました。

 

 

石巻も同様でした。

 

4年経ったいまも、テレビから流れてくる映像はなかなか復興からは遠く、

私自身、普段は日々に謀殺されています。

娘がいるいま、現地に行って何かすることは難しいけれど、

忘れないように、次に何か起きた時に、子どもを守れるようにと

mogmagの第一号には、『子どもの非常食』というページを入れました。

 

 

災害時には、乳幼児への物資が不足しがちだということや、

ショックで母乳が出なくなる人もいる、

大人用に用意しておいたものを子どもは食べてくれなかった、と言うのを耳にし、

mogmagを読んでくれた方が、備えるきっかけになればと思い、入れました。

 

みんなが忘れないこと、次なる災害が起きた時に子どもを守れるように、

ということに少しでも繋がればと思います。

 

微力ながら何か応援をと思い、今日はこちらを購入しました。ホントに微力ですが…

一日も早い復興を願って。

 

 

 

新着情報一覧へ