今日はネオナチュラルのスキンケア製品の素材について少しお話ししますね。
 
より良いスキンケア製品を作るためには、良質な素材は欠かせません。
スキンケア製品を見ても皆さん実感がないかもしれませんが、たとえば同じラベンダー水を配合している製品でも、配合量や質は様々。
それによって製品の出来も、効果効能も全然違ってきます。
 
このことを説明するために、私どもはいつも料理にたとえるのですが、
、、、たとえばほうれん草のおひたし。
 
同じほうれん草でも、その栄養価は栽培方法などによって全然違います。特にほうれん草は差が出やすいと言われているお野菜で、有機栽培が主流だった昔と今とでも栄養価が全く違います。
たとえば 1950年 → 2005年 の調査で比較すると
 ビタミンCは 150mg → 35mg
 鉄 分 は  13mg → 2mg
すごい差ですよね。 鉄分なんて1/6以下です。
 
この差は、化学肥料に依存した現代農法に原因があるとも言われていますが、同じようにスキンケア素材も栽培方法が大切なんです。
そのためにネオナチュラルでは、この農場で土作りからスキンケア素材を栽培しています。
そして、この農場の運営は、地元、母袋(もたい)の皆さんのご協力が欠かせません。
 
だから、よりよい製品を作り続けるためにも、この里山がいつまでも元気で、そして美しい自然が保たれている事が必要です。