田舎は閉鎖的な雰囲気のところが多くて都会からIターンで就農してもなかなか地元に溶け込めない、という方も多いようです。
でも母袋は外部から来る人にもとてもとてもオープンで親切。
 
秀ちゃん農園
私たちが、この母袋で農場を始めるときも、とても多くの皆さんが色々なことを教えてくれたし、一緒に考えてくれたり、説明して回ったり、本当に地元の方の協力がなければ農場をスタートすることも出来なったと思います。
その中の一人が上の写真の秀ちゃん
 
本業は美味しいトマトを栽培するトマト農家。(秀ちゃん農園)
でも元は市役所に勤められていて早期退職で就農されました。そしてなんと何故か一級建築士の資格まで持っているという変わった方です(汗)
 
「母袋百姓の会」という団体の世話役や、地域興しに関わることなどもたくさん関わっていていつも忙しそう。
もちろん、この農場のイベントでも田植えや稲刈りの手ほどきや、山菜の説明とか、様々なことをボランティアで手伝って頂いています。
そしてよく色んな人と話しながら飲んでいます(汗)
 
あまり飲み過ぎないように気をつけてもらわないと。。。