麦っ子畑保育園の吉田です



ご覧いただき、ありがとうございます



 



7月7日。七夕の夜



神奈川県座間市の空は曇っています



おはようで、七夕の歌を歌いましたが



今年は織姫と彦星は出会えなかったかもしれません



 



各クラスで作った七夕飾り



染め紙の短冊に願いごとが書かれています 〝おひめさまになれますように〟



〝ラグビー選手になれますように〟



なりたいシリーズです 〝りっぱなおひめさまになれますように〟



おひめさまの前に来る形容詞が〝りっぱな〟



凛としたお姫様が目に浮かびます



 



〝かっこいいくるまになれますように〟



車に乗りたいとか、欲しいではなく



くるまになれますように。です



こういうの、とても好きです



 



そしてもうひとつは食べ物シリーズ



〝ごはんがいっぱい食べられますように〟



決して、いま食べてないわけではありません



 



麦っ子の短冊には、毎年



何人も食べ物のことを書いています



私が印象に残っているのは



何年か前、やっと話し始めた子が  



〝納豆!いっぱい!ママ!〟 と叫んだこと



ママが いっぱい納豆をくれますように と、



その短冊に書いたのを思い出します。切実なお願いです



 



風組さんの七夕飾りはクッキー  



(という名の、ノンオイル・ノン小麦で、みんなが食べられるお菓子)



みんなのおやつとしても、振舞われました



作った風組は、ちょっと誇らしげに



もらった他のクラスの子たちは嬉しそうに



風組の子たちに、ありがとう!なんて言って食べています



 



そして、夕方 みんな嬉しそうに、自分の短冊を



小さな笹の枝につけて持ち帰りました こどもたちのお願い事が、無事に叶いますように



 



世界中のこどもたちが、笑って過ごせるような



平和な世の中でありますように


新着情報一覧へ