こんにちは、鈴木です。

今週あたりから、朝晩は秋の気配を感じられるようになってきましたね。

 

ファンド、ついに80%まで到達しました。

残り期間は1か月を切りましたが、だんだんとゴールが見えてきました。

 

 

麦っ子畑保育園、息子を送迎する際、

園の内外で多く目にするのが卒園生たちの「卒園製作」作品。

 

 

毎年、園児が自分たちでテーマを決めて製作しているようで、

様々な作品が園内外の至る所に飾られています。

 

 

 

 

どれもこれも個性豊か!

これらの作品を見て思うのは、園に通う子供たちの豊かな感性。

 

 

この保育園を通いだして5か月が経過した息子を見ていて思うのは、

人に対する優しさが増したことと、

身の回りで起きたことや経験したことをしっかりと言葉で説明し、

コミュニケーションを取れるようになったこと。

そして、直面する課題に対して自分なりの解決策を模索し、

挑戦するようになったこと。

 

 

卒園製作作品の多様性からもわかるように、

麦っ子畑保育園では幼いころから感受性を高め、視野が広がり、

人にとってまず必要なことを学ぶことができる場所だと

感じています。

 

このような場所がこれから先も残っていくように、

何卒支援ののほど宜しくお願いいたします。

新着情報一覧へ