READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

夜間学校で勉強できる喜びをミャンマーの子どもたちに届けたい!

中原亜紀

中原亜紀

夜間学校で勉強できる喜びをミャンマーの子どもたちに届けたい!

支援総額

851,000

目標金額 800,000円

支援者
85人
募集終了日
2015年5月3日
プロジェクトは成立しました!
12お気に入り登録12人がお気に入りしています

12お気に入り登録12人がお気に入りしています
2015年04月03日 10:53

100年後の皆さんへ~とてもいい地球をお渡しできるように

こんにちは。中原亜紀です。

 

教育支援は、食べ物の配布やワクチン接種などと違い、時間がかかります。私自身も、あせってしまうこともあります。

 

そんな中、小説家で「ひょっこりひょうたん島」の生みの親でもある井上ひさしさんの本と出会いました。『創作の原点 ふかいことをおもしろく』(PHP研究所)です。

 

この本の最終章に、井上さんが100年後の人々に向けられたメッセージがあります。

 

**

 

100年後の皆さんへ、僕からのメッセージ

 

100年後の皆さんへ、お元気ですか?

 

この100年の間に、戦争はあったでしょうか?

 

それから、地球が駄目になるのではなく、

 

地球の上で暮らしている人間が、

 

駄目になってはいないでしょうか?

 

 

僕たちの世代は、それなりに

 

一所懸命に頑張ってきたつもりですし、

 

これからも頑張るつもりですが、

 

できたら100年後の皆さんに、

 

とてもいい地球をお渡しできるように、

 

100年前の我々も必死でがんばります。

 

どうぞお幸せに。

 

井上ひさし

 

**

 

教育を受けることは、今日、明日の人生を劇的に変化させることはないかもしれません。

 

でも一人ひとりときっちりと向き合うこと。

 

子どもたちの可能性をゆっくりとでも見つめること。それを子どもたちに伝えること。

 

今は、ちいさな、ちいさなタネかもしれません。

 

そのタネのある土に毎日、必要な水を与えること。「大きく育ってね」と願い、祈り続けること。

 

それが子どもの未来を作り、100年後の子どもたちの未来をつむぐと信じています。

 

教育は未来への一番の投資だと思います。

 

 

 

この挑戦もあと1ヶ月になりました。あと30日で35万4千円が必要です。

 

ご協力をお願いいたします。

 

また不躾なお願いで恐縮ですが、ご協力をすでにいただいております皆さまには、FacebookやTwitterでシェアして応援いただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いします。

 

中原亜紀

 

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

夜間学校に通う子どもたちからの手紙

支援者
49人
在庫数
制限なし

10,000

alt

3,000円の引換券に加え、

・1人の子どもに鉛筆1本、ノート1冊を子どもたちにプレゼントできる券

支援者
30人
在庫数
制限なし

30,000

alt

10,000円の引換券に加え、

ロンジー(ミャンマーの伝統的な布)のしおりをプレゼント

支援者
8人
在庫数
制限なし

100,000

alt

30,000円の引換券に加え、

・1教室の子どもたち全員に、学校が終わった後におやつを配れる券

支援者
1人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする