ミャンマー在住の方とお話をしていた時に、

「ミャンマーって貧しい国だし、農薬なんて使ってないんでしょ」

とおっしゃっている方がいらっしゃいました。

確かに、そう思われがちだとは思いますが、実情はそうではありません。

 

農村では、農薬を散布しているときにめまいがして病院に運ばれたり、

農薬の恐ろしさを知らず、水と農薬を混ぜるときに素手で混ぜたり、

輸入物の農薬の表示が読めず、適当な濃度で散布したり・・・などなど

農薬に関係のあるトラブルはたくさんあるのです。

 

有機農業は、生産者も消費者も安心・安全。

しかし、販路がなければ生産者は実践できないのが現実です。

 

皆様どうぞご協力よろしくお願いいたします。

 

若い彼女の、あまりに無防備な農薬散布姿。このような姿を見ると、心が痛みます。

 

新着情報一覧へ