おかげさまで皆様のご支援も80万円を超えました。ご支援いただきましたみなさまには改めて感謝の意を申し上げます。

 

実は他にも感謝したいことがあります。

 

東京のおもちゃ美術館や木育キャラバンにお越しいただいた方はご存知だと思うのですが、人気のおもちゃ遊具に「木のたまごプール」があります。

 

大きなプールの中に水の代わりにたくさんの「木のたまご」が入ったプール。

触ったり、裸足で中に入って浸かったり泳いだりして木のぬくもりをしっかり感じられるプールです。

一般的には3000個から4000個の木のたまごが入っているそうです。

 

この木のたまごをなんと市内の小学生中学生が作ってくれることになりました。

木育授業の一環として教育長さん号令の元、今、市内全校でたまごつくりを行っています。

 

各校にNPO法人人と木のスタッフ、おもちゃ学芸員の方、そして市の職員がおじゃまして

まずは最初に「木」についての授業です。

木でできたさまざまな楽器の音を聞いたり、実際に演奏したりして木に親しんでもらいます。

そのあとはいよいよたまごづくりの開始です。

最初にある程度こちらで加工した材料「たまごの素」を使い、ノコギリで切るとこからはじめます。

うまく切ることができたら、あとはサンドペーパーを使ってまあるくまあるく磨いて、つるつるに仕上げていきます。

小学校の低学年には少し難しいかな、と思うこちらの気持ちもなんのその。

とても立派なたまごができました。

 

完成したたまごはこちらで回収するのですが、みんな自分で磨いたたまごを持って帰りたい様子。

ごめんなさい。一生懸命磨いて一生懸命作ってくれた、世界に一つだけのたまごだから

こちらも大事に使わせてもらいますね。ありがとう。

みんなぜひ自分のたまごを探しに来てね。

10月31日現在、市内の半分くらいの小中学校を回り、作ってもらったたまごは1300個になりました。

いっぱいいっぱい作ってくれてありがとう。4000個目指してがんばろうね。

 

子どもたちの思いもつまった手作りの木のたまごプール。

もちろん、木育クルーズ船の中にも設置予定です。

 

私たちも期待に応えるようもっともっと頑張ります。

ご支援いただいたみなさま引き続き見守ってくださいね。

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)