皆さんこんにちは、

残り時間が短くなってしまいましたが、まだまだ諦めず、最後の日までこのプロジェクトの事を発信して行きたいと思います。

 

数週間前,レディーフォーのサイトからこのプロジェクトの事を知った、読売新聞の記者の方がもっと聞きたいと、連絡してこられました。そして今日8日その記事が限られた一部の地域の読売新聞に記載されたそうです。そして、鹿児島読売新聞にも今日明日に記載予定だそうです。

残念ながら、ネット上ではまだ見れないそうです。

 

あの台風が過ぎた日の朝、たくさんの車が流され、家、民宿、公共施設が壊され、道が陥没し、たくさん被害を目にして、ショックを受け、何かしないと!と、島の仲間達とこのプロジェクトを始めました。

島の人々の生活を支えている島唯一の商店と、民宿ではたくさんの物が流されました。その中に業務用冷凍庫がありました。冷凍庫は鹿児島からフェリーで7時間にあるこの島では食材を保存するのに欠かせない物です。

どうかこの2つの商業施設が以前のように運営出来る様、業務用冷凍庫を購入支援をお願いいたします。

 

台風15号から島には少しづつ元気が戻ってきました。
あの後、島のいくつかのイベントはキャンセルされましたが、島人と学校の合同運動会、文化祭などが行われ、島の人達との絆を改めて感じました。

 

残りわずかですが、達成するためにも、皆様の応援を引き続きお願いいたします!

新着情報一覧へ