Ec8ae4a35146d15c58aceebc8d4f5b9791945a26


私は、耳が聞こえなくて、ただひとり

音のない世界で戦っています

ですが

分かりやすくお話してくれたり

変わりに私の耳となり聞いてくれて

自分に説明してくれたり

たくさんの方々さまが助けてくれています

本当にありがとうございます

感謝でいっぱいです

言葉は話せるけれど

私は、全く耳が聞こえません

話してることは、口を見ないと全く分かりません

口を大きくあけてゆっくりお話してくれるとわかります

会議やたくさんの集団での会話は、全く分かりません

こんな感じです

そして、今年は耳が聞こえない自分にしっかり向き合います

聞こえない音が本当に目に見えるようになった時が、うちが本当に実力を発揮出来るときだと思っています

音が見えるまで、あともう少し

聞こえないエンジンの音を見たい

大袈裟だけど、本当にそうなんです

オートバイに乗るときは、補聴器をつけていません

レースをしているときは、エンジンの音も全く聞こえません

すべて音を目で探しています

早く音を目で見えるようになりたい

それが、本当に勝てるときかな

頑張ります

【私がクラウドファンディングに挑戦する意味】

これまでも、毎年、ファンやサポーターのみなさまに支えていただいて、走ってきました。

それでは、「なぜ、今年は“クラウドファンディング”に挑戦」するのか。

私は、このクラウドファンディングのプロジェクトは、単なる資金調達の手段ではないと思っています。


★これまで応援してくださっているみなさまとつながる場=コミュニティができます。

★コミュニティが見える化されて、盛り上がることで、
今まで出会っていない方にも、私の活動を知ってもらえる機会ができます。

耳が聞こえない私が、オートバイ・ロードレースの最高峰である「全日本ロードレース選手権」に挑戦する姿を通して、たくさんの方たちに、挑戦し続けるという素晴らしさと、勇気と笑顔と元気を届けるきっかけをつくることができるのです。


これらのことを目的に、クラウドファンディングの募集が終わる4/20まで走ります。そして、ご支援いただいたみなさまに、「応援してよかったな」と思ってもらえるよう、2018年のレースを走り抜いていきたいと思っています。

このプロジェクトは、「2018年のレース参戦」単発で終わるのではなく、今後の活動の基盤になる挑戦だと思っています。

あと22日でこのクラウドファンディングの挑戦の幕は閉じます。
これまで応援いただいている方の想いを無駄にしないためにも、最後まで走り抜きます!よろしくお願いします。

 

新着情報一覧へ