こんにちは、仙台高専の須藤莉紗です。

 

私が今回の活動に参加した理由は、自らも震災を経験したくさんの思いを抱えているのに、周りばかりに助けられ何もできない歯がゆい思いをしてきたからです。

 

この活動なら自分でも復興の一歩になれる。

 

そう思いました。

 

 

そして一番の理由は私は南相馬に住んでいましたが、母と兄弟は震災の影響も考え、今も離れて暮らしています。

 

早く家族皆で暮らしたい。

 

けれど現実はそうはいかない。

 

だからこそ繋がりがあればと思いました。

 

 

その思いがこの宮城県名取市閖上地区の震災慰霊碑空間を花と緑で彩る活動に、役立てるのではないかと思いました。

 

他の6人のメンバーも同じではないけど似たような考えを持っています。

 

誰かが踏み出さなければ始まらない。

 

その意識で私たちが先頭に立ち勇気や希望を与えられる場を作っていきます。

 

 

そのためには皆さんのご支援が必要です。

 

どうぞ宜しくお願いします。

新着情報一覧へ