(コーダエ村の織り手のお母さんたちが、ハンカチ織りの準備をしています)

 

みなさまからの熱い思いが、次々に届いています。

このジニングマシンを購入してバダク村へ。そこで綿畑のメンバーたちが、自ら綿花の輸出に着手できますように。

ご賛同いただいた方々に、深く感謝申し上げます。
NSCには、このオーガニックコットンを使用し糸紡ぎをし布を織っている工房が、プノンペン郊外にあります。メコン河の中洲にある穏やかな村・コーダエです。今まではおばあちゃんたちが手回しの道具で種取りをしていましたが、ジニングマシンの導入ができましたら、これからは糸紡ぎの準備も楽になります。

ここで織られる手紡ぎ糸のハンドタオルのようなハンカチを、1万円のお礼に選びましたが、たくさんの方々のご支援に品薄になりました。カンボジアのメンバーに話をして、急遽枚数を増やそうと準備を始めました。後、20枚用意させていただきます。

ご支援くださった皆様、どうぞ、この話を拡散してくださいませんか?よろしくお願いいたします。

新着情報一覧へ