READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
成立

女子高生2人の挑戦!西大山から稚内まで日本縦断したい!

女子高生2人の挑戦!西大山から稚内まで日本縦断したい!

支援総額

166,000

目標金額 120,000円

支援者
17人
募集終了日
2018年1月10日
プロジェクトは成立しました!
12お気に入り登録12人がお気に入りしています

終了報告を読む


12お気に入り登録12人がお気に入りしています
2017年12月23日 03:47

4日目③ シャッター街での思いがけない出会い、そして気づき

17:51、理科大のキャンパスがあることでも有名な長万部駅(北海道)に到着!次の小樽行きの電車が発車するのは19:00。

2時間ほど乗り換え時間があります!ということで、駅の外を散策することにしました。外に出て辺りを見ると、、なんもない!!

シャッター街とはこう言うことかと納得するくらいシャッターだけがズラーっと並んでいます。何もない地で寒さに震えながら2時間過ごすなんて、、

段々テンションが狂い始めます笑

 

途方に暮れながらもシャッター街を歩いていると、一軒だけ商店がやっている!

 

戸締りをしている92歳でもなお若々しいおばあちゃんに出会い、時間を忘れてしまうほど立ち話をしました。おばあちゃんと会話をする中で、「過疎化」と「少子高齢化」という社会問題を目の当たりにしました。

もともと長万部は函館本線と室蘭本線の分岐駅で、利用客も多く、大変栄えていたそうです。今はシャッター街となってしまった通りも、元は食料品店はもちろん、八百屋、酒屋、靴屋、金物屋と全て揃った賑やかな通りでした。

ただ、時代とともに、若者は都会に移ってしまい、高齢者だけが残り、町全体が衰退化していってるとのこと。おばあちゃんは終始「寂しいねぇ」と繰り返していました。

 

学校の授業やニュースなどで「過疎化」「少子高齢化」の問題を学ぶのと、実際にその地域に赴き、悩んでいる”人”を目にしたときとでは、共感する気持ちや感じる胸の痛みは比になりません。今までは他人事だった「過疎化」「少子高齢化」が、この出会いを受けてぐっと身近になり、考えさせられる問題になりました。

 

日本縦断の旅が思いもよらず、日本の社会問題を間近に感じる機会をたくさん生んでいます。

 

おばあちゃん!たくさん話を聞かせてくれてありがとう!!

 

バイバイをする際に、好きなジュースとキャラメルを持って行きな!と言ってくれました。なんて優しいんだろ〜☺️

次の日の電車で雪景色を楽しみながら美味しく頂きました。

 

そのあと、おばあちゃんに教えて貰ったスーパーで時間を潰し、駅に戻りました。小樽、札幌までの電車が路盤流出で止まってしまい、大型タクシーで振替輸送してもらえることに!

 

この日は24時前に札幌駅に到着して四日目終了です。

明日は最北端!大きなハプニングがないことを祈ります。

 

一覧に戻る

リターン

3,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

応援プラン

お礼のメールをお送りいたします。

支援者
9人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年1月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

日本縦断 全力サポート!

①サンクスレター
②旅中のベストショットのお写真
③ハンドメイドグッズ
④日本縦断の報告書をお送りします。
※報告書の中に支援者様のお名前を掲載いたします。

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年2月

30,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

旅の思い出共有プラン

①サンクスレター
②旅中のベストショットのお写真
③ハンドメイドグッズ
④日本縦断の報告書をお送りします。
※報告書の中に支援者様のお名前を掲載いたします。

支援者
2人
在庫数
1
発送予定
2018年2月

50,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

旅の思い出共有プラン

①サンクスレター
②旅中のベストショットのお写真
③ハンドメイドグッズ
④途中訪問先のお土産をお届けします!
⑤日本縦断の報告書をお送りします。
※報告書の中に支援者様のお名前を掲載いたします。

支援者
0人
在庫数
3
発送予定
2018年2月

プロジェクトの相談をする