「おだやかな革命」プロジェクト開始をして、すでに2ヶ月。募集期間は残り14日となりました。現在89%の達成率!たくさんの応援をいただきまして、ありがとうございます。

 

実は、これまで全くの手弁当での映画制作でしたので、音楽作成、その後の全国に向けての映画の宣伝費用という面で、制作資金が足りていません。ぜひ、目標金額を大きく上回るために、ネクストゴール、より大きな目標金額に設定をして、締め切り日まで制作資金を募りたいと思っています。
 


これまで、映画の撮影で取材地へは、ほぼ車で移動してきました。その走行距離は、おおよそ地球2周分を超えていました。カメラマンと二人で2時間交代で、10時間を超える走行で、山形から遠くは岡山まで車を走らせました。エネルギーの映画というと、ちょっと難しそう、分かりにくそうというイメージを持っている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。なぜなら、この映画でエネルギー事業を担っている人々は、酒蔵のオーナー、畜産農家、主婦、集落の自治会など、最初はみなさん素人からエネルギー事業を始めた人ばかりです。3.11以降、市民力を結集して採算性のあるエネルギー事業を始めることができるようになったことで、荒れ果てていた山林や、自然資源に価値を見出して、移り住んでくるパイオニア精神を持った人々が、里山に集まってくるようになったのです。そこでこれまでの経済成長至上主義の社会が求めてきた豊かさとは質の違う、本当の意味での豊かさが、この映画では描かれています。

 

是非、最後まで応援をよろしくお願いいたします!

 


○映画「おだやかな革命」ダイジェスト版

 


◯取材地について

 

 
◯リターン特典について(物産品)

 

 

○リターン特典について(映画上映)

 


◯監督・スタッフについて

 

新着情報一覧へ