プロジェクト概要

2015年12月から高知県香南市にて、地域に密着した骨董店を開きます。

 

はじめまして、横浜市在住の大嶋 未知と申します。2012年に自宅から徒歩野宿旅行をして、偶然訪れた、高知県香南市にて、今年の12月余地骨董店を開きます。香南市には郊外や田舎では希少な品が蔵の中に沢山眠っています。それらの品を店舗を始め首都圏での販売を計画しています。

 

しかし、古物の仕入れの移動手段となる中古車の購入費、お店を開くための資金の一部が不足しています。みなさまの力を貸していただけませんか?超過した分に関しては仕入れに使おうと考えております。

 

(遍路の様子)

 

 

■遍路で出会った骨董店の店主

 

そもそも、私が横浜から四国の遍路を始めたのは、千社札貼りが趣味で、少年時代よりヒッチハイク旅行をした事等があり、人がやったこと無い方法の旅 寺社仏閣周り+旅=巡礼 と考えたためです。

 

その道中に、高知県にて、近隣の空家や空き店舗を次々と古物店にし商店街内に4店舗も構える店主に出会いました。

 

(モデルの店舗)

 

夏の暑い日に「同業?」と店主の営むお店を発見し、重い荷物を背負っており寄るか、どうか悩み一度は通り過ぎましたが入店する事に。店主はいきなり「お風呂入る?」と??これが衝撃的な出会いでした。同業ということもあり数日滞在し仕事を手伝い遍路を終える事と致しました。

 

店主が高齢の為、4店舗あった店舗を1店舗に規模を縮小し引退後には私が二代目を引き継ぐといった話が浮上し今回の骨董店の出店となりました。

 

(お店の裏側はこのような感じです。)

 

 

■骨董店では探偵から民宿まで、色々なことをやります

 

今回はじめるお店では、古物を市場や個人から買い取り、商品は店頭販売だけでなくインターネットオークションを使用し販売します。また、四国ではお遍路さん向けの宿、善根宿という文化があります。そういった、民宿の特性も取り入れます。

 

さらに、過去に探偵業をやっていましたので、お店でもご相談が有れば、探偵の仕事も受け賜ります。実際に現地でお仕事を頂いた事があります。

 

(現地の方との集合写真)

 

 

■支援金の使い道

 

支援頂いたお金は、仕入れのための中古車の購入費、入居時費用の一部に充てさせて頂きます。超過した部分は仕入れに使用します。出来れば300万円程集めたいです。

 

(過去に取り扱った品物の一部)

 

 

■骨董業を通して、高知の活性化に努め移住者を招致したい!

 

私がこの活動でまず進めたいのは、地域の活性化!事業が成功した際は、シャッター商店街に他業種を誘致します。また、遍路宿も運営しますので全国から来たお遍路さんも喜ばれます。前例の無い経営スタイルを考えておりますので、地元の方をはじめ多くの方に、楽しめていただけると思います。

 

プロジェクトの実現に向けて、みなさまの力を貸してください!

 

◇◆◇◆◇引き換え券について◇◆◇◆◇

ご支援頂いた方には、以下の引き換え券をお送りします。


■サンクスレター


■活動報告書

 

■室戸海洋深層水の塩
 

■高知の特産品詰め合わせ

 

■高知のカツオのタタキ

 

■民宿宿泊券(2016年5月1日から1年間有効)
 

■探偵のご依頼のご相談1回文(電話にて1時間ご相談を承ります。)