READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

古民家を改修し、京都の山奥のたった一人の村を再生させたい

古民家を改修し、京都の山奥のたった一人の村を再生させたい

支援総額

1,059,000

目標金額 1,000,000円

支援者
67人
募集終了日
2015年3月31日
プロジェクトは成立しました!
13お気に入り登録13人がお気に入りしています

13お気に入り登録13人がお気に入りしています
2015年03月05日 19:47

たった一人の藤井の暮らし

こんばんは。
今回は、たった一人で廃村に暮らす、藤井康裕の一日を紹介しますよ!

 

 

まずは、ええ感じの写真からスタート。

 

 

藤井は大見村に暮らす有機農家。以前ここに住んでいた元村民の、息子です。

 

今日も一人、農作業。

 

トマト、ねぎ、なす、きゅうり、ほうれんそう、ピーマン、万願寺唐辛子、しそ、白菜、ズッキーニ、…

その他私の知らない野菜まで、がんがん作ります。ウマいです。

 

そして大原の里で、朝市に出します。

 

「野菜の藤さん」は今日も盛況。

 

他に、京都市内のお得意さんに配達もしています。

 

 

家には水道がきていません。

湧き水の水路は村にありますが、よく壊れます。

 

電気は来ています。ガスはプロパン。

 

風呂はゴエモン。沸かすのだけでも大変です。

(※事情により入浴シーンはカットします)

 

農家の生活は忙しい。朝市の前日は徹夜で出荷作業。

 

顔がお疲れだ。

咳をしても、一人。

 

 

そんな藤井のところに、週末になると友人たちがやってきます。

 

すると、なんということでしょう。

こんなイキイキとした笑顔を見せてくれます。

 

「罠はね、こうやって仕掛けるんだよ」

 

「ほうら、アナグマ獲れたでしょ」

 

 

でも楽しい時はすぐに過ぎ、さようなら。

 

このとき我々は、藤井の頬に光るモノを見逃しはしなかった…。

 

 

 

以上、藤井の暮らしでした。

かなり寂しく、不便だろうと思います。よくこんな暮らしに突っ込んだなあ。

 

とはいえ写真にはないですが、実際は買い物や遊びには京都市内に出ており、市内のご両親の家に泊まることも多いようです。

村で生活を完結させたい、そういう村にしていきたい、という一方で、京都から比較的近いのもまたこの村のポテンシャル。

ここだからできる暮らしを考えていきたいところです。

 

 

こんな藤井を救うためにも、ご支援お願いします!

一覧に戻る

リターン

3,000

alt

①お礼のメール

②メールマガジン「大見新村だより」配信
・月1回、大見新村プロジェクトの活動報告と活動予定を掲載
・イベントや改修作業に興味をお持ちの方は、メールマガジンを読んで是非お越しください

③2013,2014年度の活動紹介パンフレット

支援者
32人
在庫数
制限なし

10,000

alt

①お礼のメール

②メールマガジン「大見新村だより」配信

③2013,2014年度の活動紹介パンフレット

④藤井家の実測図面の青焼きポスター
・藤井家とその周辺をみんなで実測し、手描き図面にしました。それをかっこいい青焼きにしてプレゼント

⑤大見新村「開墾部」のつくったハーブティーセット
・3種類のおいしいハーブティー(農薬・化学肥料不使用)
・9-10月頃に発送予定です

支援者
27人
在庫数
制限なし

30,000

alt

①お礼のメール

②メールマガジン「大見新村だより」配信

③2013,2014年度の活動紹介パンフレット

④藤井家の実測図面の青焼きポスター

⑤大見新村「開墾部」のつくったハーブティーセット

⑥大見新村「開墾部」&現地藤井のつくった野菜1箱
・有機農法による新鮮な夏野菜を、いろいろ詰め合わせてお送りします
・8-9月頃に発送予定です

支援者
6人
在庫数
制限なし

100,000

alt

①お礼のメール

②メールマガジン「大見新村だより」配信

③2013,2014年度の活動紹介パンフレット

④藤井家の実測図面の青焼きポスター

⑤大見新村「開墾部」のつくったハーブティーセット

⑥大見新村「開墾部」&現地藤井のつくった野菜1箱

⑦大見新村「狩り部」による鹿革バッグ
・昨今獣害で問題になっている鹿の革で、手作りバッグを作ってお送りします
・11月頃の発送予定(手間がかかるのでご容赦ください)

支援者
0人
在庫数
3

100,000

alt

①お礼のメール

②メールマガジン「大見新村だより」配信

③2013,2014年度の活動紹介パンフレット

④藤井家の実測図面の青焼きポスター

⑤大見新村「開墾部」のつくったハーブティーセット

⑥大見新村「開墾部」&現地藤井のつくった野菜1箱

⑦改修した縁側のお披露目ツアーにご招待
・村内ピクニック、収穫体験、縁側での晩餐会、宿泊…などを予定
・1泊2日、10-11月頃を予定。日程は追って調整させてください
・2名様まで

支援者
1人
在庫数
7

200,000

alt

①お礼のメール

②メールマガジン「大見新村だより」配信

③2013,2014年度の活動紹介パンフレット

④藤井家の実測図面の青焼きポスター

⑤大見新村「開墾部」のつくったハーブティーセット

⑥大見新村「開墾部」&現地藤井のつくった野菜1箱

⑦大見新村「狩り部」による鹿革バッグ

⑧改修した縁側のお披露目ツアーにご招待

支援者
1人
在庫数
2

500,000

alt

①お礼のメール

②メールマガジン「大見新村だより」配信

③2013,2014年度の活動紹介パンフレット

④藤井家の実測図面の青焼きポスター

⑤大見新村「開墾部」のつくったハーブティーセット

⑥大見新村「開墾部」&現地藤井のつくった野菜1箱

⑦大見新村「狩り部」による鹿革バッグ

⑧改修した縁側のお披露目ツアーにご招待

⑨藤井の父の割烹「彦次郎」にて、大見野菜を使った懐石フルコース
・新鮮野菜の他、海の幸もたっぷり
・ご都合のよい時期にどうぞ
・5名様まで

支援者
0人
在庫数
2

プロジェクトの相談をする