READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

【第2弾】歌舞伎や映画、大切な日本の文化を次世代に残す。

須貝弥生

須貝弥生

【第2弾】歌舞伎や映画、大切な日本の文化を次世代に残す。
支援総額
2,910,000

目標 2,500,000円

支援者
243人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
13お気に入り登録13人がお気に入りしています

13お気に入り登録13人がお気に入りしています
2013年12月02日 18:18

今後の『蒲田週報』の作業予定

お早うございます。松竹大谷図書館の須貝です。

 

現在、HPへ掲載するお名前のお伺いや、発送する引換券の準備、台本カバーの作り替えなどを順次進めております。1万円のご支援をいただいた方で、まだ台本カバーの作品タイトルや記載するお名前のご希望をお知らせいただいていない方は、是非ご連絡下さい。

 

今回のプロジェクトで皆様より頂いた支援金で、合本の解体から、補修、デジタル化までを行う『蒲田週報』は、いよいよ12月6日(金)に、紙資料修復工房さんにお渡しして作業に入ります。その後寺田倉庫さんでデジタル化が終わる4月初めまで『蒲田週報』は閲覧が出来なくなりますので、ご了承ください。

 

さて、先週の11月28日は図書館の見学会を行いましたが、その見学会の後に、閲覧室の展示替えを行いました。

 

12月の展示は11月に引き続いて「忠臣蔵」特集です。
今月は「芝居における『忠臣蔵』」と題して、小さな展示ケースの上段には、歌舞伎『仮名手本忠臣蔵』主な場面のスチール写真と舞台面(大道具を記録するための写真)、また下段には新国劇、松竹新喜劇、萬屋錦之介公演、里見浩太朗公演などで取り上げられた『忠臣蔵』の資料を展示しました。この小さなケースの中だけでも、バリエーション豊かな忠臣蔵作品が見られる展示となりました。

 

歌舞伎座の地下2階「木挽町広場」で催されている「忠臣蔵祭り」も連日大賑わいです。今月末までの開催となりますので、東銀座にお越しの際は当館のミニ展示と合わせて是非お立ち寄りになってみて下さい。

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

■サンクスメール
■4月末に報告メール
■HPにお名前を掲載
※ご了承いただいた方のみ掲載いたします

支援者
17人
在庫数
制限なし

5,000

3,000円の引換券に加え、

■松竹大谷図書館オリジナル文庫本カバー
 2種類1組セット
蔵出し台本「弁天娘女男白浪」&「男はつらいよ」の表紙の特製デザイン!

支援者
89人
在庫数
制限なし

10,000

5,000円の引換券に加え、

■台本カバーに支援者のお名前をお入れします

※作品リストより(本文「引換券について」の台本カバーの説明のところから見られます)ご希望の作品の「台本番号」と「タイトル」を応援コメントにお書き下さい
※今すぐ決まらない方は、プロジェクト達成後にもご希望をお伺いいたします

支援者
101人
在庫数
制限なし

30,000

10,000円の引換券に加え、

■「かふきのさうし」オリジナル一筆箋
■歌舞伎座ギャラリーペア招待券

支援者
26人
在庫数
制限なし

50,000

30,000円の引換券に加え、

■図書館見学会にご招待
※午前(15人)/午後(15人)
「午前」「午後」のご希望を応援コメントにお書き下さい

支援者
11人
在庫数
19

プロジェクトの相談をする