お早うございます。

松竹大谷図書館の武藤祥子です。

東京は築地にある、演劇・映画専門の私立図書館「松竹大谷図書館」の事務局を担当しています。

 

このプロジェクトを開始して2日目となり、既に16人の方がご支援下さっています。第1弾から今年5年目のご支援を下さった方、そして今回初めてご支援下さった方もいらっしゃいます。銀行振込でのご予約を頂いている方もいらっしゃり、職員一同、ご支援が入るたびに感謝の思いでプロジェクトページの応援コメントを拝読しております!本当にありがとうございます!

 

今回で、5回目を迎える松竹大谷図書館のクラウドファンディング「【第5弾】歌舞伎や映画、鮮やかな日本文化の遺産を守り復元する。」、今回は図書館の平成28年度運営資金と併せて、161枚の「組上燈籠絵(くみあげとうろうえ)」のデジタル化及び厳選した3作品の復刻を目指します。

『菅原天神記車引組上ケ五枚続』の組立て完成形です。玉川大学教育博物館「鈴木コレクション おもちゃ絵の世界」展で展示されたものです。

 

「組上燈籠絵」とは錦絵の一種で、絵の中の部品を切り出して、立体に組み立てて遊ぶ、いわば現代のペーパークラフトのようなものです。切り抜いて遊ぶため、錦絵そのままの形で後世に残されたものが少なく、本図書館で所蔵しているような保存状態のよいものはたいへん希少です。

 

当館が所蔵している明治から大正期の歌舞伎に関する「組上燈籠絵」は、紙の保存状態もよく、明治期以降の錦絵の色彩の特徴とされる赤や紫も鮮やかさを保っています。しかしながら、紙の端から経年による劣化は少しずつ進行しており、今後なるべく原資料は中性紙に挟んだまま、保管しておくことが望ましいといえます。

 

これから、こちらの「新着情報」で、当館が所蔵する「組上燈籠絵」の内容や状態についてお伝えしていくつもりです。皆さんのご支援でプロジェクトが成立しましたら、デジタル化や、復刻版の作成についても詳しくレポートしていきます。

また、リターン(お礼の品)の内容や準備の様子などについても発信していきます。さらに、より多くの皆様に当館のことを知っていただくために、松竹大谷図書館の日常業務や所蔵資料などについても紹介してまいります。

 

演劇・映画を愛する皆様とともに、この大切な日本の文化の遺産を守り、子供も大人も楽しんだ昔ながらのペーパークラフト・組上燈籠絵を復刻し、現代によみがえらせたい、と思っております。是非とも、ご協力いただければ幸いです。どうぞ宜しくお願いいたします。

 

第1弾~第4弾のプロジェクトでご支援くださった皆様へのお知らせ

READYFORサイトの決済会社が変更されたため、以前ご支援頂いた方はご登録頂いたカード情報がアカウントより削除されております。そのため、今回ご支援頂く場合は、新しくカード情報をご登録頂くか、1万円以上のご支援の場合は銀行振込も併せてご利用頂けます。

 

当館へのご連絡方法

ご不明な点がございましたら、直接当館までお電話下さい。

℡ 03-5550-1694(月-金[平日] 受付:10時より17時)

開館日は、当館HPの【カレンダー】にてご確認ください。

 

また、READYFORのアカウントをお持ちの方はメッセージでもお問い合わせ下さい。

 

メッセージ送信の方法

私どもとのコミュニケーションに必要な、メッセージ送信の方法ですが、

以下の手順でこのプロジェクトの実行者にメッセージを送信する事が出来ます。

 

まずREADYFORサイトにログインして下さい。

【ログインの方法】

1.READYFORのサイトで、右上に表示されている「ログイン」をクリック

2.「メールアドレス」と「パスワード」を入力し、赤い「ログイン」ボタンをクリックしてログインする方法と、青い「Facebookでログイン」ボタンをクリックしてFacebookアカウントでログインする方法があります

●「Facebookでログイン」する場合は、青いボタンをクリックして、Facebookアカウントでログインして下さい。

 ※ログインが完了すると、右上の「マイアカウント」の部分にFacebookのカバー画像が表示されます。

●メールアドレスでログインする場合は、

(1)「メールアドレスを入力」の入力欄にREADYFORにご登録のアドレスを入力。

(2)「パスワードを入力」の入力欄にご登録のパスワードを入力。

(3)赤い「ログイン」ボタンをクリック。

(4)しばらくお待ちいただくと「ログインしました」という表示が出ます(←表示はクリックすると消えます)

 

1.ログインして頂くと、プロジェクトページの右側のリターンの説明の下部にある「武藤祥子」のプロフィール写真の近くに、「メッセージを送る」が表示されるので、クリック

2.メッセージの「件名」と「本文」を入力するフォーム(枠)が表示されますので、メッセージを入力して、「送信」ボタンをクリックして下さい。

 

今後とも、このプロジェクトの応援を是非宜しくお願い申し上げます。

新着情報一覧へ