プロジェクト概要

 

友人と一念発起!東京でキッチンカーを走らせたい!

 

はじめまして、吉澤祐介と申します!これまで15年ほど、自分の大好きな食べ物の世界で生活してきました。今までいろんな食事に出合い、ジャンルを問わず、興味を持ったものを本能が赴くままに味わい、自分の経験値として蓄積してきました。

 

そして、3年前に自分の見聞を広めたい欲求から、約8カ月間、台湾に渡りました。そこでは住み込みで働きながら台湾料理を勉強していました。そして、台湾で出合った中でも、タピオカ"ミルク"には一番の魅力を感じました。いわゆるミルクティー(紅茶)にタピオカを入れたものではなく、あくまでもミルク(牛乳)に黒糖風味のタピオカを入れたものです。

 

そこで、私は友人と二人でタピオカ"ミルク"を広めるために、キッチンカーで販売を始めようと一念発起しました。今回のプロジェクトでは、その車輌の購入および設備導入に必要な費用が一部不足しているため、クラウドファンディングに挑戦します。皆さま、ご協力のほど、何卒よろしくお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
台湾で大人気のタピオカ"ミルク"のお店。
ここがきっかけでメニューを決めました!


 

自身が台湾で体験した食の魅力を日本でも再現します!

 

世界には、まだまだ日本では知られていない庶民的かつ親しみやすくて、美味しいものがたくさんあります。好きなものを好きなように、時には苦手なものもあるかもしれませんが、それも含めていろんなものを食べてみたいと思っています。そして、自分が体験した魅力をいろんな人に味わってもらいたいとも考えています。

 

最近、日本では、タピオカ"ミルクティー"と呼ばれる飲み物が、若者世代を中心に人気が爆発し、いろんな店舗が増えてきています。しかしそれはあくまで紅茶でつくっているものなのです。私が台湾で体験したタピオカ"ミルク"は、紅茶ではなく牛乳でつくられているもので、ミルクティーとは別格の濃厚さと甘さが魅力的でした。

 

台湾でタピオカ"ミルク"が大好きになった私は、「この味を日本でも再現して、いろんな人に伝えたい!」と思い、友人とともに起業を決意しました。しかし、いきなり店舗を持つには少し敷居が高いと考えました。そこで、まずは誰もが気軽に立ち寄れるようなキッチンカーという形式で始め、少しずつでも多くの人に知ってもらう機会を増やしていきたいと思い、このプロジェクトを立ち上げました。

 

台湾で食べた豆花という豆乳を固めたデザート

 

 

新宿・渋谷を中心に、10月からタピオカミルクの販売を始めます!

 

今回いただいたご支援は、キッチンカーの車輌と設備を購入する費用に充てさせていただきます!移動販売車は本当に様々なタイプがありますが、かっこつけすぎず、老若男女に親しみのある雰囲気を持ったものにします。皆様のご支援で購入した車を私たちの拠点とし、これから手を惜しまず、長く提供し続けていきたいと思います。(購入する車については、新着情報でお披露目します)

 

看板メニューになるタピオカ"ミルク"の知名度は、タピオカ"ミルクティー"にはおよびませんが、美味しさは負けていないと自信を持っています。まずは、それを知ってもらうことが、このプロジェクトの第一歩になります。

 

キッチンカー "Oriental Port"

 

オープン予定日:2018年10月下旬(予定)

営業場所:新宿・渋谷を中心に都内全域

メニュー:濃厚黒糖タピオカミルク(今後、メニューを増やす予定です)

こだわり:黒糖の甘さがポイント!牛乳との相性にこだわりました!

 

友人と二人で頑張っていきます!

 

 

家族との楽しいひとときを、タピオカミルクとともに。

 

今まで専門店などに行かなければ、食べることができなかった海外の食べ物や飲み物たちに、気軽に手が届く嬉しさ。これ食べたことあるけどこんなところで食べられるなんて、といった驚きや感動。また、屋外で食べることによる開放感。休みの日に、友人や家族、同僚たちと過ごす楽しいひととき……。

 

キッチンカーの運営を始めることによって、各地でいろんなシーンが垣間見れるようになると考えています。お客様一人ひとりを大切にし、そんな瞬間を私たちのお店で演出していくことができれば嬉しいです。


私は、タピオカ"ミルク"がタピオカミルクティー以上に日本の日常の風景に溶け込んでいく様子を思い描いています。もちろん時間はかかると思います。しかし、始めなければ何も変わらないのです。「できるかできないかじゃなくて、やるかやらないか」の精神でこの一歩を踏み出します。

 

そして、この挑戦が終点ではありません。今回のキッチンカーをきっかけにいろんな地を駆け回り、今の世の中の動き、人の流れを知り、未来に活かしていきたいと考えています。どうぞ、応援よろしくお願いいたします!

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)