「5食限定!昔ながらの中華そば!今だけ680円!」
なんて広告をよく見ます、味がわからないのになぜか食べたくなります。
言葉って不思議ですね。

 

 

さて、今回は少し「大豊町」、特に「八畝地区」について書いていきたいと思います。


大豊町には、日本一高いと言われている「杉の大杉」や、「龍王の滝」、多くの「棚田群」に吉野川の濁流の中で行う「ラフティング体験」などがあります。
四季それぞれで形や色、表情を変える大自然に囲まれた大豊町はまさにド迫力な場所です。

そして、その中の一つ、八畝地区には約30世帯の方々が暮らしており、
前述した棚田や、農業体験ができるログハウスなどがあり、時期によっては多くのカメラマンの方が写真を撮りに来るような、圧倒的な景観も広がっています。

 

 

 

しかし今、そこには若い力がなく、棚田には多くの耕作放棄地ができました。
綺麗だった棚田が今では段々になった、ただの荒れた土地に変わってきています。

また、文化も徐々に廃れてきています。例えば、

お正月になると青年団がどぶろくを持って各家を訪ねまわったり、
ご近所さんを全て回って各家でお雑煮を頂いたり、
その焼酎や日本酒、調味料などは手作りによるものだったりと、

八畝地区にはこういった面白い文化が他にもたくさんありました。
これらの文化について、「過去」のものとして淡々と、けれども寂しそうに語る地域の方の顔がとても印象に残っています。

 

 

八畝地区の素敵な「昔ながら」を「過去」のことにしてはいけない。
そのために、伝えられたことを記録し、文化や、土地の財産を残していくこと。
そして、そこからしっかりと学び、活かしていくことが、僕たちの役割だと思っています。

皆様の応援が力になります!
こんなに素敵な八畝地区、そして大豊町に笑顔あふれる財産を作るためにも僕たちはまだまだ走り続けます!!!
これからも引き続き応援よろしくお願いします!!

つなぎグリーン 新城

新着情報一覧へ