おかしなマルシェ開催しました!

プレーパークちばを知っていただくためには、私たちが今回のプロジェクトでどんなことをしたいのかを知ってもらう必要があります。

 

毎年開催している「幕張こどものまち」

それは子ども達が自ら考えたお店を開き、地域通貨をゲットし、その通貨を使ってお買いものをしたり、食べ物を食べたり、遊んだりするこどものためのちいさなまちです。

 

▼子どものまちについての新聞掲載記事です。

 

子どものまちでは、建物の中で普通の会議机を使用してお店を作りました。

 

しかし、今回のプレーパークちば2015においては、お店自体もかわいらしく作りたいと思いました。

 

そこで、「おかしなマルシェ」でそのかわいいお店を使うことにしました。

 

使用したのは、ちいさな屋台です。

 

▲おっかぁも、おかしの販売のお手伝いです。

 

 

▲ずらりと並ぶとかわいいですね。

 

 

▲未就学児のお子さんも楽しんでいます。

 

こんなちいさな屋台を、プレーパークを開催する公演に並べます。

 

ぜひ、みなさまのご支援をお願いいたします。

 

※今回、小商いラボラトリーのトミー所長にご協力をいただき、5台の屋台を並べることが出来ました。ありがとうございました。

 

▼ウェブページ

小商いラボラトリー

 

 

復習です。

おやこカフェはどんな団体?

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています