READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

安心して子どもを産みたい!出産施設をちゃんと探せるサイト【ぱぱままっぷ】

西出博美

西出博美

安心して子どもを産みたい!出産施設をちゃんと探せるサイト【ぱぱままっぷ】

支援総額

1,074,000

目標金額 1,000,000円

支援者
167人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
10お気に入り登録10人がお気に入りしています

10お気に入り登録10人がお気に入りしています
2013年06月19日 22:36

男子も妊婦体験!?無事終了!

『こういう場なのに、男の子も参加するってのがすごいよね。』っと、よく言われる

ぱぱとままになるまえに】ですが、

「パパもママも両方いるから、子どもが産まれるんじゃん!」という、当たり前の感覚でイベントを企画・運営しています。

 

男の子目線も、女の子目線も両方たいせつにしたい!

 

だからこそ、【ぱぱとままになるまえに】を運営しているスタッフは男女のバランスを考え、構成していますし、

イベントの告知を出すときには、わたし西出博美が告知文を書くのですが、その後は絶対に、男性のスタッフに確認してもらうようにしています。

 

何を確認してもらうのかというと、

《フツーの男子が、この告知文のイベントに参加することが、恥ずかしい…と感じないかどうか》

です。笑

この配慮をていねいに行う結果、男性の参加率も高いイベントになったのではないかと思っています。

 

結果、この表情。↓
 

 

妊婦体験なのですが!男子なのですが!

母性が産まれているかのようなこの、表情(笑)

 

妊婦さんのお話を聞く会だけではない【ぱぱとままになるまえに】のイベントのカタチは、これからも増やしていって、活動の幅をもっと広げていけたらと思っています。

 

 

 

↑定番となった、『ぱぱとままになるまえに、準備オッケー!』のポーズ。

 

イベントでは、参加者の人とゆっくり話す時間を設けてみましたが、

やはり、『パパとママになりたくない!』と思ってしまう要因として、

《パパとママになったときに、どうなるのか。》ということがあまりに見えづらい・わかりづらくなってしまったことがあげられるのではないかと感じました。

わからないことは、怖いし、不安です。

なのに、パパとママになったときのことや、出産施設のことって、

『なってみなきゃ、行ってみなきゃわからないもの』になってしまっています。

 

そこを解決するためにも、

『なる前から、行く前から様子がわかり、考えるきっかけになるように【ぱぱままっぷ】というサイトをつくっていきます。』

引き続きのご支援お待ちしております!

どうぞ、よろしくお願いします。

 

一覧に戻る

リターン

3,000

・ありがとうメール
・【ぱぱとままになるまえに】ステッカー

支援者
106人
在庫数
制限なし

10,000

・上記2点と、
・検索サイト上『ありがとうございました』ページにて、所属とお名前のご紹介
※所属は、希望者のみ。名前もニックネームも可能です。
【追加されました!】
・通常版「ぱぱとままになるまえに(10月5日)」にご招待します
※参加できない場合は、参加レポートを送付させていただきます

支援者
61人
在庫数
制限なし

30,000

・上記4点と、
・サンキュー(産休)版ぱぱとままになるまえにご招待
参加できない方は、【支援者限定ユーストリーム】へご招待、中継&会場とのやりとり。

支援者
2人
在庫数
制限なし

50,000

・上記5点と、
・これから【ぱぱとままになる人へ】
パパとママになったセンパイたちからのメッセージ集

支援者
1人
在庫数
制限なし

100,000

・上記6点と、
・松ヶ丘助産院での「食の会」を私が実際に体験しにいき、その時の様子レポート+松ヶ丘ごはんのレシピをまとめたものを郵送

支援者
0人
在庫数
制限なし

300,000

・上記7点と、
・出張!【ぱぱとままになるまえに】
お好きな場所で【ぱぱとままになるまえに】を開催!出張します!

支援者
0人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする