『こういう場なのに、男の子も参加するってのがすごいよね。』っと、よく言われる

ぱぱとままになるまえに】ですが、

「パパもママも両方いるから、子どもが産まれるんじゃん!」という、当たり前の感覚でイベントを企画・運営しています。

 

男の子目線も、女の子目線も両方たいせつにしたい!

 

だからこそ、【ぱぱとままになるまえに】を運営しているスタッフは男女のバランスを考え、構成していますし、

イベントの告知を出すときには、わたし西出博美が告知文を書くのですが、その後は絶対に、男性のスタッフに確認してもらうようにしています。

 

何を確認してもらうのかというと、

《フツーの男子が、この告知文のイベントに参加することが、恥ずかしい…と感じないかどうか》

です。笑

この配慮をていねいに行う結果、男性の参加率も高いイベントになったのではないかと思っています。

 

結果、この表情。↓
 

 

妊婦体験なのですが!男子なのですが!

母性が産まれているかのようなこの、表情(笑)

 

妊婦さんのお話を聞く会だけではない【ぱぱとままになるまえに】のイベントのカタチは、これからも増やしていって、活動の幅をもっと広げていけたらと思っています。

 

 

 

↑定番となった、『ぱぱとままになるまえに、準備オッケー!』のポーズ。

 

イベントでは、参加者の人とゆっくり話す時間を設けてみましたが、

やはり、『パパとママになりたくない!』と思ってしまう要因として、

《パパとママになったときに、どうなるのか。》ということがあまりに見えづらい・わかりづらくなってしまったことがあげられるのではないかと感じました。

わからないことは、怖いし、不安です。

なのに、パパとママになったときのことや、出産施設のことって、

『なってみなきゃ、行ってみなきゃわからないもの』になってしまっています。

 

そこを解決するためにも、

『なる前から、行く前から様子がわかり、考えるきっかけになるように【ぱぱままっぷ】というサイトをつくっていきます。』

引き続きのご支援お待ちしております!

どうぞ、よろしくお願いします。

 

新着情報一覧へ