第3章

一年越しのリベンジ

「第14回ゴールドコンサート沖縄予選」への参加を決意!

 

 

ライブハウス出演の前に、マネージャーが新たな挑戦をパラフレーズの二人に提案した。その提案とは・・・。

 

「第14回ゴールドコンサート沖縄予選への出場」であった。

 

最初は、前回の悔しい想いもあったのか出場を拒んでいた二人。ライブが出来ることが今のパラフレーズの楽しみでもあったし、また悔しい想いを味わうかもしれないという感情があった。

しかし、その日のライブハウスでの演奏を終えて二人の考えが変わった。

 

「やっぱりパラフレーズの音楽を多くの人に聴いて欲しい!」

「去年と今のパラフレーズの成長を確かめてみたい!」

 

次の日から、パラフレーズは新たな挑戦に向けて猛練習することとなった。

まず、自分達のオリジナル曲の中からどの曲でエントリーするかを話し合いました。一週間くらい悩んだ末、この曲でエントリーしようと決意しました。

何日か練習していた頃、日和がたまたま休憩中に気分転換にとエントリー曲とは別の曲を演奏し始めます。そんな何気ない行動が二人の運命を大きく変えるきっかけになりました!

 

「この曲なんか良いね!」

 

二人は、なぜかエントリーを決めた曲ではなく日和がたまたま演奏していた曲に惹かれてしまいます。サイコロみたいにコロコロ変わる二人の感情!

しかし、その選択がパラフレーズの今を創り上げてしまいます(笑)

 

 

そんな二人が選んだ曲は「Destiny」でした!!

 

 

 

パラフレーズには、ライブの度に色んなハプニングがありますwww

当初聞いていた、演奏時間は5分間でした!

しかし、演奏が始まる1時間前に会場入りした二人は驚きの事実を聴くことになりました。その驚きの内容とは・・・。

 

今回のコンサートは参加人数が多かったのもあり、演奏時間が3分になったということだった。二人は楽屋に入ってすぐに、3分以上ある曲を一回の通しでちょうど3分に押さえて本番に挑むことになりました!

 

この時の私は、一回で合わせることが出来たという事と、これならグランプリ取れるかもしれないと確信していました。

一緒に毎月ライブをしている「神響(しんきょう)」さんもこのコンサートにエントリーしていたが、どの出演者よりも自分達よりもパラフレーズがグランプリを取ると確信していたと後で聞いて、自分と同じ気持ちだったんだと鳥肌が立ちました!

 

 

 

 

1st.アルバムのタイトルにもなった「Destiny」は、1年越しのパラフレーズの挑戦でグランプリ(アネラ賞)と観客賞を受賞することが出来ました!

このゴールドコンサート沖縄予選でグランプリを頂いたことで、第14回ゴールドコンサート本戦にも挑むことになります!

 

 

たくさんの方による支援と応援がパラフレーズの力になりました。

本当にありがとうございます!

 

 

 

⇩パ⇩ラ⇩フ⇩レ⇩ー⇩ズ⇩

 

第4章

♬沖縄県代表パラフレーズ♬

「第14回ゴールドコンサート本戦」全国でグランプリを目指して

に続きます!次回もお楽しみに♪

このストーリーが面白い&感動したと思ったらご支援宜しくお願いしま~す!

新着情報一覧へ