プロジェクト概要

ピースウォークを通して集めたメッセージを、韓国で開催される環境の世界会議(COP12)で伝えたい!!

 

こんにちは。はじめまして!PEACE WALKERの濵田直翔です。
僕は、戦争や、環境破壊の無い、「みんなが心から幸せに生きられる世界」を目指して、ピースウォークという活動をしています。そして、今回は韓国で開催される環境の世界会議(COP12)でピースウォークを通して集めたメッセージをアピールします!

 

このピースウォークをする費用と韓国への渡航費用のご支援をお願いします!

 

 

(アメリカで、フリースクールの子供たちと一緒に歩いた時の集合写真)

 

ピースウォークとは??

 

ピースウォークというのはその名前の通り、平和へのメッセージを込めて歩くムーブメントのことです。一歩一歩想いを込めて歩くことには、深い意味があります。歩くことでしか起きない、出逢いや気付きがあります。そして、歩く姿そのものがメッセージになります。僕は今まで主に、アメリカと日本でピースウォークをしてきました。

 

(ニューヨーク国連本部前でのウォークが取り上げられた福島民報の記事)

 

(あらゆる国、人種、宗教の仲間と共に、平和の壁画の前で集合写真)

 

 アメリカでのピースウォーク

 

僕が初めてピースウォークをしたのは、アメリカでしたテーマは「NO MORE FUKUSHIMA」僕は、福島から貰ってきたメッセージをアメリカの人々に伝えるために単身アメリカへ飛び、ウォークに参加。毎日20~30Kmを歩き、各地で福島からのメッセージを講演させて貰いながら、ニューヨーク~ワシントンD.Cまで約600Kmを、アメリカの原発や、平和に関わる大切な場所を通りながら、人種や宗教を超えて、たくさんの仲間たちと共に歩くことができました。

 

(それぞれが伝えたいメッセージカードを持って、わいわいアピール)

 

世界会議(COP12)で、アピールできる!!

 

旅を通して、このような問題があることを知った僕は、日本の人々にこのことを伝えたいのはモチロン、世界にも伝えたいという想いを抱くようになりました。きっと、世界にも同じような問題を抱えている国や地域がたくさんあるはずです。その国や地域の人たちと共に連携して動いていくことが、生物多様性と僕たちの文化を守ることに繋がると思ったからです。そして、今年の10月に韓国で開かれるCOP12は、生物多様性をテーマに、政府や市民のNGO、先住民などの様々な立場の人が世界中から集まる世界会議です。この世界会議には、普通の一般市民である僕もNGOを通して国連に申請すれば、参加できます。

 

(2010年に名古屋で開かれたCOP10 本会議場)

 

(2010年愛知で開かれたCOP10でのアピール)

 

この世界会議の中で、アピールができれば、世界中に日本が抱えている問題を知ってもらうキッカケになります。

2010年に日本の愛知で開かれたCOP10の時は、会議中のアピールが実を結び、田ノ浦の原発計画問題が世界中に知れ渡りました。

それだけでなく、「生物多様性条約」という、締約国194か国が守らなくてはならない、世界の条約に反映される可能性もあります。

 

だからこそ、僕は日本中でメッセージを集めて、COP12で世界中にアピールをするためのピースウォークを開催します!!

 

たくさんの人たちが、このプロジェクトに関われるようにしたい僕一人で歩いて旅をするのではなく、たくさんの人が色んな関わり方ができるピースウォークにしたい。一緒に歩いてくれる人、各地でイベントや交流会に来てくれる人、メッセージを伝えてくれる人、一緒に韓国に行く人、など。

 

そのために、ご支援いただきたいのは

 

ピースウォークの運営

サポートカー(荷物や体調不良の方を乗せる車)のレンタル量、燃料費。イベントを主催するための経費。事務経費。

 

韓国での活動

航空費。現地での、活動費。

 

『地球は一つの大きな家族』

 

このプロジェクトを通して、一緒に歩いてくれた仲間や、いろんな形でかかわってくれた方たちの意識が少しでも変わり、日常生活一つ一つの行動を見直したり、一人一人が出来る事をし始めるキッカケにしたい。そして、美しい地球の自然や、生き物たちと共存していける社会を創っていくムーブメントにしたいと強く思っています。

 

ご支援、ご協力の程よろしくお願いいたします。


最新の新着情報