7月3日~7日まで、昨年のプロジェクトのポントゥン村の子どもたちの絵が原田の森ギャラリー兵庫県立美術館に有限会社ライザの協力により展示されました。

ポントゥン村の子どもたちの絵の展示の様子

平日は、70名から80名、休日は約100名が訪れ、子どもたちの絵は大人気でした。今年も、11月22日(金)~28日(木)でプロジェクトを行います。ぜひ、参加したいという声を多くの方々から聞くことができました。

会場の全体の様子

この展示会は、ポントゥン村の子どもたちの絵だけではなく、一般の方たちの作品も展示しました。

訪れたお客様は、皆、子どもたちの絵に見入っていました。「初めて描いたなんて信じられない」「個性的な絵ばかりだね!」という声を、何回か聞きました。そして、募金活動も行い、21,660円もの皆様からの温かいご寄付をいただくことが出来ました。ご協力してくださった皆様、また有限会社ライザ様、本当にありがとうございました。皆様からのご寄付は次回のプロジェクトに使用させていただきます。

 

 

 

新着情報一覧へ