先日、ポケットサポートで学習支援ボランティアをしてくれている

大学生の卒業・就職をお祝いする食事会を行いました。

 

学業やバイトの合間にポケットサポートのボランティアに参加して

入院中が外来通院に来る子どもたちと一緒に宿題をやったり

知育ボードゲームで遊んでくれている大学生です。

 

今では大学生ボランティアだけで40名になりますが、

この3月で4年生は卒業して小学校の先生や養護教員など

様々な自分の道に進んでいきます。

 

そんな大学生にポケットサポートオリジナルのプレゼントを

準備することが出来ました。

 

病気の子どもたちが辛い治療の中、

紙粘土で作ってくれたマグネットアクセサリーと

「ボランティア活動ありがとう♡」と書いてくれたメッセージです。

 

このプレゼントを作成するために小学5年と高校3年生の

2人の子どもが協力してくれました。

 

 

「自分の得意なことで人のためにできること」

 

人のためにできることは簡単そうで難しいことだと感じています。

 

歩くことができず移動するには親の介護が必要な男の子

おいしいものを食べたいけど治療のため生ものを禁止された女の子

 

そんな生活制限のある子どもたちが作ってくれたプレゼントは

きっと卒業する大学生たちにも大きな力を与えてくれると思います。

 

 

新着情報一覧へ