東京では、ひと足早く桜が散り、桜吹雪の中をフレッシュマンが元気な姿で街を歩いています

こちら、新潟県十日町市は、ようやく桜の蕾が膨らみ、雪解けが早かったせいか、フキノトウが顔を出しさわやかな春を迎えています♪

本日は、そんな雪解けの十日町の春の先取り自然情報をお伝えしたいと思います

雪解けした場所で萌黄色のフキノトウが顔を出してます

 

従業員の出入り口付近では、ツバメたちが子づくりの準備をしています

遥々東南アジアから子育てするためにやってきたのです。去年より1週間程度の早い訪れです

”Black&White”の色調で、タキシードを着たような凛とした姿

私たちも身が引き締まりますネ~

ツバメの巣づくり準備

棚田も騒がしくなってきました ”ざわざわ”

雪解けした水辺には、アカガエルの卵が…

(ヤマアカガエル&ニホンアカガエルどちらも元気に産卵中)

みなさん、アカガエルの卵を触ったことがありますか?

ゼリーのようでとても気持ちい良いですヨ~

アカガエルの産卵

 

空を見上げると、優雅に猛禽類が飛んでいます。

写真は留鳥のノスリですが、里山を代表するサシバも飛翔していました

これも遠く東南アジアから子育てにやってくる猛禽類です

地面を見れば、アトリやマヒワ、カワラヒワがスギの実を食べています

スギの実を食べる小鳥と優雅に青空を飛ぶ猛禽類

 

野外もにぎやかですが、ポポラスタッフが常駐している森のホールもにぎやかですヨ~…♪

 

1円からでも支援できる二ホンリス基金箱にも少しづつ集まってきました。

ポポラスタッフ手作りの”二ホンリスしおり”も結構好評です♪

二ホンリス基金

こちらが森のホールの展示コーナー&クラフト体験コーナーです。

昨日は、巨大二ホンリスの大移動をお知らせしました

間伐材を活用した”MY箸作り”、”スプーン作り”、”勾玉づくり”や今一番人気の”ハーバリウムづくり”など天気が悪くても室内で色々楽しめる空間です

365日毎日体験プログラムを楽しめる『あてま森と水辺の教室ポポラ』にぜひ、お越しください

↓4月のプログラムはこちら

https://goo.gl/fGQVfi

森のホールの様子

 

本日は、ここらでよかろかい チェストご~い(失)

因みに、2日間で目標額の5%達成しました

皆様、引き続き応援よろしくお願いいたします

 

ポポラ館長 荒川茂樹🐤