🌳🐿🌳二ホンリスの橋設置完了しました🌳🐿🌳

🐿みんなの力で二ホンリスを守りたい

~人と自然の架け橋~

⏰7月11日(水)16時23分 

4月に立ち上げたクラファンの支援金で、二ホンリスの橋本体を無事設置完了することが出来ました。

ご支援頂いた皆様&関係者の皆様、工事関係者の皆様、本当に有難うございました🙇

本日は、その様子をご報告させて頂きます。

 

🌳『森』と『森』🌳『森』と『人』👤『人』と『ヒト』👪 を繋ぐ架け橋を目指して

このプロジェクトは、二ホンリスのロードキルを防止するために、分断された森に橋を架け、二ホンリスを守ることから始まりました。

森林生態系の指標種でもある二ホンリスを守る事で、里山の森林を保全する事に繋げ、自然好きな人だけの集まりではない多様な人たちの連携により『生物多様性の保全』を社会に発信していく事を大きな目標として活動しています。

 

工事関係者による人と人の架け橋

 

🐿二ホンリスの移動路(橋)を架ける

コンクリートの支柱に二ホンリスが通る移動路(ロープ)を補強するためにワイヤーで支線張りします。

ワイヤーで支線張り

 

また、移動路上部には、二ホンリスの天敵である猛禽類等が近づくことの出来ないようにワイヤーを設置します。

猛禽類等の天敵が近づけないような配慮

 

二ホンリスの通り道となる移動路に、支線張りしたワイヤーに沿ってガイドロープ(φ40㎜×2本)を設置します。二ホンリスは、直径4㎜の太さでも簡単に綱渡することができます。

ガイドロープの設置

 

高所作業車で支線ワイヤーやガイドロープを設置し、二ホンリスが渡りやすい環境を整備します。

 

高所作業車で整備

 

🐿二ホンリスのエレベータ式餌台の設置

二ホンリスは橋を設置しても簡単に利用することはありません。

二ホンリスの好きなクルミ等を餌台に置き、橋の存在を認知させます。

地上1mから徐々に高さを上げ、ガイドロープの位置まで誘導するために、人力エレベータ式餌台を製作・設置しました。

地元の鉄工所さんに無理言ってご協力頂きました。

エレベータ式餌台の設置状況

 

🐿既存の森と橋を繋ぐロープを架ける

二ホンリスは、樹上性の小型哺乳類です。

枝から枝へ渡り歩く生態に配慮し、既存の森からも二ホンリスの橋にアクセスできるようにガイドロープで繋ぎます。

地上からも樹上からもアプローチ出来るようになりました。

既存の森と橋を繋ぐ

 

とりあえず二ホンリスの橋本体工事は無事終了です。

二ホンリスにこの橋を認知・利用してもらうために細かな仕掛けがまだまだ必要です。次回は、その取り組みについてご報告させていただきます。

二ホンリスの橋工事完了

 

ポポラでは、二ホンリスをはじめ、里山の保全活動を積極的に進めています。

『里育』を合言葉に、これまで蓄積してきたノウハウを社会に還元する事を念頭に置き、多種多様な異分野の方々と連携し、持続可能な取組み・活動として機能する仕組みづくりを構築しています。

みなさまもぜひ、ポポラのイベント等にご参加ください

 

🌳ポポラが考える『里育』とは?

①里山を守る

②里山で遊ぶ

③暮らしに里山の知恵を取り入れる

④地域を活性化する

⑤新たな里山の活用方法を見出す

 

1日も早い利用を願う工事関係者

 

二ホンリスを守るための活動はまだまだ続きます🌳

「あてま森と水辺の教室ポポラ」

       館 長 荒川茂樹

 

Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています