みんなの力でニホンリスを守りたい
~企業研修で二ホンリスの小径づくり~

本日は、平成28年7月13日(金)に実施された企業研修の模様を紹介したいと思います。

野外研修の内容はというと

①二ホンリスの餌台づくり

②二ホンリスの小径づくり

です。

企業様の研修目的は、コミュニケーションの醸成とチームビルディング。

ポポラの目的は、二ホンリスの保全に係る活動を一緒に実施することです。

両者の目的を達成するような企業研修プログラムをデザインしました。

TEPCO光ネットワークエンジニアリング株式会社の皆様

 

企業の社員の方々は、それぞれグループに分かれ、本日の作業内容やKY(危険予知)活動を作業前に確認します。ポポラスタッフは、各グループに配置し、作業に係る安全項目をはじめ、作業の生産性などの評価項目(ルーブリック)を確認しながら、作業後の振り返りに備えます。

KY(危険予知)活動)の様子

各グループで二ホンリスの餌台を1つ組み立てます。

スギの皮で外観を化粧して、見た目にも居心地の良い環境を作ります。

二ホンリスの餌台組立の様子

 

作業が二手に分かれており、小径作りの作業を終えたグループの仲間が応援に駆けつけてくれました。

グループのみなさんも応援に駆けつけました

 

二ホンリスは、外敵から襲われやすいオープンエリアを嫌います。

そこで、応急処置的に、道路に設置した橋から既存の森をつなぐリスの小径を計画しました。

間伐枝を活用した二ホンリスの小径づくり

間伐したスギ林の中から、適当な枝を収集し、二ホンリスの気持ちになって森につなぐ二ホンリスの小径(隠れ場)を整備します。

わかりずらいかも知れませんが、グループそれぞれの個性が出ています

 

二ホンリスの小径(隠れ場)

◆野外作業終了後のリフレクション

各グループごとに野外作業の振り返りします。

良かった点、悪かった点、課題と今後の改善点などを話し合い、発表します。

発表後、ポポラスタッフは、ルーブリックを基に各グループの実施内容等についてコメントします。

野外作業の振り返り&プレゼンテーション

90分という限られた時間の中で、「安全」、「環境」、「作業生産性」、「チームワーク」、「コミュニケーション」などを醸成する素敵な企業研修となりました。
みなさん、二ホンリスの気持ちになって作業して頂けた事に大変感謝します
また、お会いする日を楽しみにしています♪

 

企業研修に興味のある企業様、連絡お待ちしております

 

ポポラ 館長

  荒川茂樹

 

新着情報一覧へ