病室に訪問した写真です。

犬を飼った経験が無く触れ合ってみたいとの要望があって病棟責任者の方に了解をもらい訪問しました。

彼女は痛みと戦っておられましたが、訪問時、痛み止めを使うこと無く、犬を抱っこしたり、中庭を散歩したりと半日過ごしました。帰る時、彼女は

「犬を見ているだけで癒されて心が穏やかになった。不安や苦痛を忘れてた。ありがとう。今度は子供達や主人と牧場に行きたいから、行けるようにがんばるね。」と・・・・喜んでもらえてうれしかった!

 

こんなに仲良くなりました。つらい入院生活にちょっとだけ癒される時間がもらえるのなら、これからもこの活動を続けていきたいと思っています。触れ合っている間は、不安や恐怖を忘れています。この方は痛みすら起きなかった。セラピーの効果を改めて実感!外出が可能なら牧場で森林浴の中、犬や馬たちと散歩出来たらいいなー自然の力とセラピー共に与えたい!勇気つけたい!次回は動物好きのおじいちゃんとの様子を紹介します。

新着情報一覧へ