プロジェクト概要

2015年5月10日、長野県伊那市長谷地区にある古民家の宿“ざんざ亭”で、
様々な分野のアーティストの作品を集めたイベント”PSY”を開催したい!

 

はじめまして、生明(あざみ)葉子です。精神的癒しを求めて神奈川から長野に移り住みました。6年前、横浜で”PSY”(サイ)というイベントを立ち上げました。生活に潤いを与えてくれるアートや音楽、自然の素晴らしさを、たくさんの方々に楽しんでもらいたいと思っています。

 

そこで、みなさまには本イベントの開催に向け、お力をお貸し頂きたいのです!

 

(私の作品です。切り絵とペン画、こつこつ創っています。)

 

自然が持つ素晴らしい力、心の底からリラックスできる環境と

五感(視・聴・嗅・味・触)が豊かになる、そんな作品が融合したイベントを目指しています!

 

(「太陽神」太陽のパワーをイメージして描きました。)

 

当日、会場では創り手の想いがこもった写真・絵・陶芸等のアート作品の展示やクリスタルボウル演奏など、音楽ライブなどを行い、ジャンルにとらわれない、自由な発想の作品に触れてほしいと考えています。クリスタルボウルは水晶でできた倍音が出る楽器です。聴くだけでもリラックス効果があります。また、私自身が作成している切り絵も作品として展示する予定です。さらに、自然のパワーを感じながら、出展者と来場者がともに創り出す空間の中で、自由にコミュニケーションをとってもらい、何か日々の生活に関わるような新たな発見や、新しい自分を見つける機会になってほしいと思います。心地よい音楽を聴きながら、緑溢れる山を眺め、川の流れを見ていると、ゆったりとした気持ちが戻ってくるはずです。時の流れをゆっくり感じながら、リラックスをしてください。

 

長谷という場所との出会い。

 

(心を和ませてくれる、長谷の豊かな自然)

 

8年前、私は重度の心の病を発症し、その後、甲状腺の機能が低下する橋本病を発症しました。そのために、精神的に不安定になり、生きる力と目標を見失い、絶望の日々を送っていました。そんな中、「病気を少しでもよくしたい!」という思いで、パワースポットとして取り上げられていた長野県伊那市長谷にあるゼロ磁場“分杭峠”に足を運んだのです。“分岐峠”は世界でも有数の“気(波動エネルギー)”を感じることができる場だそうです。私自身も、そこで気功をしてもらい、“気”というものに底知れない力があることを知りました。長谷を訪れるたびに、気持ちがとても楽になっていくのに気づき、ここで暮らしたいと、4年前に長谷に移住し、現在は長谷の山々から湧き出る美味しい空気を吸いながら、元気に暮らしています。

 

私と同じ悩みを持つ人達の「始めの一歩」になれるように、
私が持っている精一杯を届けたい。

 

(「輪、和、環」いろいろな「わ」を切り絵で表現してみました。)

 

病気になってからは、無性に絵が描きたくなり、切り絵を始めました。全て我流で、試行錯誤を繰り返しながらコツコツ作品を作っています。下絵を描かず思いつくまま自由気ままに切っていくのが、私の切り方です。長谷という環境の中で、絵に触れることで、私の心は落ち着きを取り戻すようになりました。場所だけではなく、芸術作品にも、触れる人の心を穏やかにする力があると私は信じています。こうした経験を通して、ストレス社会から解放されたい人、自然の中で深呼吸がしたい人、都会に疲れた人、病んでいる人、いろんな人の心の中がパッと明るくなるイベントを目指しています。色々な引き出しの中を覗いてみると、今まで気がつかなかったことが見えるかもしれません。

 

みなさま、どうぞご支援よろしくお願い致します!

 

★ イベントの詳細★
【会場】

長野県伊那市長谷地区にある古民家の宿 ざんざ亭
【日時】

2015年5月10日(日曜日)
【内容】
・ アート作品の展示
・ 音楽演奏(ライブ/セッション)
・ 地元農産物及び加工品の販売
・ プロジェクターにて長谷の景色を投影
・ フリーマーケット(農産物等)
・ 地元料理の提供

 

★過去4回の“PSY”の活動の様子★

【1回目のPSY】 

2008年6月8日 横浜ZAIMで実施
【2回目のPSY】 

2009年2月22日 横浜ZAIMで実施
(内容)

タンザニア大使館の協力を得て、スワヒリ語で「月」の意味の"MWEZI"をメインテーマにしました。アフリカの楽器であるカリンバを紹介し、ライブセッションを行いました。

【3回目のPSY】

 2010年10月29日 デザインフェスタギャラリー原宿で実施
(内容)

”Visible & Invisible World”をテーマに、音楽と絵画のコラボレーションをしました。川の音が流れる中、点描画を展示しました。これまで私はプロデュース側でしたが、3回目のPSYから、自分の作品を出展するようになりました。
【4回目のPSY】

 2013年6月21日~30日 伊那市 kurabe CONTINENTAL DELICATESSEN で実施
(内容)

Paper Cutting(切り絵)の展示をしました。活動の様子が長野日報に掲載されました!

 

*これまでの“PSY”は、自費をはたき、出展者様の負担を無くすために、出展料無料で実施してきました。もちろん来場者様も参加費無料です。

 

★ 引換券のご紹介★
A.サンクスメール
B.パンフレット
C.切り絵のポストカード
D.パンフレットへのお名前の掲載
E.地元特産品
氣そば3 人前もしくは氣䛾里米 5kg
F. 一点物の切り絵 アクリルフレーム入り
G. ざんざ亭宿泊券一名様(素泊まり)
【ご利用可能期間】
2015 年 5 月1日〜2016 年 4 月 30 日の間で1回。
*宿泊費は含まれますが、交通費、現地での食費などはご自身での負担をお願いします。
*1名様分もしくは2名様分


最新の新着情報